本日 300 人 - 昨日 383 人 - 累計 314355 人
  • 記事検索

RSS

2018年センバツ高校野球出場校発表!と注目選手

画像1/26に第90回センバツの出場校が発表となった。
昨年、私が予想したものと比較し、〇が当たりで、×がハズレ。

先日、すでに21世紀枠3校をすべて外してしまい。。。
結局は、その影響も本選の予想に少なからず影響してしまい、、36校中6校を外してしまった。
関東は健大高崎としていたが、国学院栃木に。ここは互角とみていたので、仕方なし。

東海地区は、21世紀枠で三重の桑名を予想していたため、三重を回避し、中京学院大中京と予想したが、桑名は選ばれず、順当に三重に。
そして、1県から、3校は選ばないという指針を覆し、滋賀から3校。膳所が21世紀枠で選ばれたからだが、今まで散々、21世紀枠と本選は関連しないという原則に騙され、疑ってきたわけだが、今回、キッパリとその指針が実現し、明確となったとはいえる。

そして、四国は私は安全パイ的に、ベスト4で4校を決めたのだが、4校目はベスト4入りした高松商ではなく、ベスト8の高知。これは準決勝で英明にコールド負けした高松商ではなく、同校に準々決勝で善戦した高知が選ばれたわけだ。そういう具合にトーナメント上の順列より試合内容を重視する選考は賛成である。
しかし、、、高野連、今回は攻めたなぁ。

【北海道】
〇駒大苫小牧(北海道)
【東北】
〇聖光学院(福島)、〇花巻東(岩手)、〇日大山形(山形)
【関東】
〇中央学院(千葉)、〇明秀日立(茨城)、〇慶応(神奈川)、〇東海大相模(神奈川)、×国学院栃木(栃木)
【東京】
〇日大三(東京)
【北信越】
〇日本航空石川(石川)、〇星陵(石川)、〇富山商(富山)
【東海】
〇静岡(静岡)、〇東邦(愛知)、×三重(三重)
【近畿】
〇大阪桐蔭(大阪)、〇智弁和歌山(和歌山)、〇近江(滋賀)、〇乙訓(京都)、〇智弁学園(奈良)、〇彦根東(滋賀)
【中国】
〇おかやま山陽(岡山)、〇下関国際(山口)、〇瀬戸内(広島)
【四国】
〇明徳義塾(高知)、〇英明(香川)、〇松山聖陵(愛媛)、×高知(高知)
【九州】
〇創成館(長崎)、〇富島(宮崎)、〇東筑(福岡)、〇延岡学園(宮崎)
【21世紀枠】
×由利工(秋田)、×膳所(滋賀)、×伊万里(佐賀)

試合結果の予想は、組み合わせが決まってから行うとして、今回の私の注目の選手。
やはり優勝候補筆頭の大阪桐蔭は、根尾、藤原、中川、山田、柿木、横川などプロ注目選手がズラリ。
投手3人でローテーションが組める。しかし、今のところ、圧倒的な強さというか迫力を感じないのも事実。
そして、同じ近畿で私が最も注目しているのが、智弁和歌山。“打倒大阪桐蔭”を掲げている。
春には怪我から復帰できる林 冨田両内野手にわが川西市出身の文元外野手、新2年生ながら、実績のある黒川、西川と打線の迫力は大阪桐蔭に負けず劣らず。。しかし、この2校、、対戦すると、なぜか投手戦となる。

東の横綱、東海大相模は、通算44本塁打の森下、リードオフマンの小松など、チーム打率 382 防御率 0.82。
中央学院は、エースで4番、“二刀流”、その名も大谷。
秋の明治神宮大会を制した明徳には、エース市川を中心にバランスがよい。
聖光学院は、プロ注目3番矢吹 を中心に主軸強力で、「聖光学院史上最強打線」と言われている。
瀬戸内の門叶(とがの)外野手 昨秋中国大会で1試合4本塁打。
日本航空石川の主砲上田は能登のゴジラと呼ばれ、チーム打率.379の強力打線。
チーム打率とか、地方大会のものはあまりアテにはならないが、東邦は、チーム打率398出場校中最多の23本塁打。
智弁学園は、チーム打率423で、出場校中、最も打率が高い。
そして、明秀日立は、金沢監督は、光星学院(現八戸学院光星)監督時代に巨人坂本、阪神北條、ロッテ田村らを育てた監督で、DeNA細川成也外野手(19)の弟の拓哉が、エースで主軸。1番増田 4番芳賀と強力打線を育ててきた。

さて、楽しみですねぇ(宮本)

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):