本日 124 人 - 昨日 206 人 - 累計 320240 人
  • 記事検索

RSS

それでも桜は咲いていた

桜の道昨日、4月4日になんと56歳になりました。
なんか自分の年齢にあまり実感がなくなって来ました。若いころは年取るの嫌でしたが、、年取ってからは、、60歳になったら、年金貰って、悠々自適にノンビリ余生を過ごそうと楽しみに思っていたが…。
さて、、、国家的詐欺…いやいや、、そうもいかないようで… どうしたものか??

というより、まずは目の前のこの問題。。
元々、人の多いところが嫌いだし、“接待が伴う飲食店”にも興味がないので行かないが、、スタジオ練習の自粛や経済が回らないのは、じわじわ会社にも自分にも来ているし、、仕事も先に進まないし、困ったものだ。。
命にも経済にも、できるだけ被害が大きくならずに、早く元の世界に戻ればいいが…、、長引きそうだな。。。

何でも布マスク2枚が送付されてくるとか…、何もないよりマシかもしれないが、
250億円くらいかかるのかな、、、もっと有効な対策に使えないのかと思ってしまう。

…などと思いながら、午前中はいつもの通院。病院はいつもより閑散としていた。
先生から、「糖尿病なので、感染には気をつけて」と忠告される。

普段から、発熱はあまりしない方だが、もう体調がいい日など、ほぼなく、
頭痛や咳や目のショボショボ、胃腸の不調などは、いつも通りなのだが、ついつい「もしや??」と不安になるのは、自分自身がというより、会社、家族、周囲の人の迷惑を想像してしまうからだ。

そんなことを思いながら、通院帰りに、ちょっと散歩…、、、「それでも桜は咲いていた」
この事態を自分でも、できるだけ無駄にしないように、普段できずにいたことに取り組みたいな。。
画像
今、感染者0は、岩手県、島根県、鳥取県らしいです。北朝鮮の“0”とは意味合いが違うハズです。。。
「島根か鳥取か分からないけどそこら辺に行きました。 」は、島根のお土産ですが、、
このセンス、、嫌いじゃないです。



画像そして、今度は、「鳥取オフィスシステム」、、どう“システム”なのかはよくわからないが…、素晴らしい!! 

不格好でも、いろいろアイデアはあるかもですね。

ところで、ただでさえ、酷い扱いをされている報道がされている「外国人技能実習」
もちろん、温かく接しておられる受入先もあると思うのですが、、こういう状況だとなおさらだが、、
それに冒頭の60歳定年、、年金は65歳からこの先、もっと先になるかもしれない。これら高齢の世代を無責任に企業に押しつけるのも無理がある。。仕事先が見つからないことも多いだろう。

今回、外国に依存していたがために、弊害が出てしまった製品もある。国家間の関係によればリスクもある。
これ、国や公共団体が、上記のような老齢者、外国人労働者などの労働力の受け皿を作り、各メーカーの今、外国工場に依存しているものをそこで受けられるように、、官民一体で、取り組めませんかね???

いろいろ、リスクを減らせると思うのですが、、、今のこの痛みをムダにしないように。。。(宮本)

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):