本日 300 人 - 昨日 383 人 - 累計 314355 人
  • 記事検索

RSS

裏声

 腰の調子がわずかながら、快方に向かったと思ったのもつかの間、
土曜日から、ピーク時くらいまで悪化してしまった。
じっとしていても、痛くなって来た。。。

そんな事にもめげずに、私のソロ作品(秘宝館)コーナーに3曲追加した。
…と言っても、完全に新曲は「闇に咲く花」という曲だけで、「薔薇の名前」「エスケープ」は、以前、録音したデータのボーカル、ギターが外付けハードディスクの不具合で飛んでしまったので、録り直しを行なったものだ。

…う~ん、前の方がマシな気が。。

新曲の「闇に咲く花」ファルセット(この前までファールセットと書いていたが、誤りだった。。)恥ずかしい出来のまま、ではある。
ところで、ファルセットをうまくできる方法はないかとネットで探していると、
「れみぼいす」という素晴らしいサイトを見つけた。
これはなかなかボーカリストには、参考になりそうなサイトだ。

そこでの記載では 裏声=ファルセットと思っていると、ミドルボイス、ヘッドボイスも裏声らしいのだ。

そこでファルセットについて、わかりやすい説明をしている動画が紹介されていたので、私も紹介しておきます。



これにあわせて、声を出してみると、なんか声が出せてる気がするが、
実際、楽曲でやってみると、難しい。。。
まずは、このファルセットは身につけたい。。

地声では、持って生まれた高音域を努力で伸ばすには、難しいようで、
私が、どんだけ努力しても、どんどん高音域が広がる可能性はないというわけだ。
確かに高校生くらいから、全然、伸びてない。

で、ミドルボイスを身につける必要があるわけだが、、

ミドルボイスとは乱暴な言い方をすると、いわゆるメタル系の外国人ボーカルで、
「何喰ったら、あんな声が出るねん」という人は大概、“これ”のようだ。
なるほど、人が歌ってるのを聞くと、ファルセットとミドルボイスの違いがよくわかる。(自分で声を出すと、わからない。。…というか、出せてない。)

このミドルボイスを身につけられるに越したことはないが、文章だけで見ると、「喉を開いて、声帯を締める」とか、何がなんだかである。。
実際にやってみるしかないか…

しかし、急にミドルボイスが身についたら。。。
今までの楽曲のキーが合わなくなるなぁ。。
何か急にダイエットが成功して、服が全部ブカブカになってしまったような感じになってしまうのかな??
…無用の心配か。。 (宮本)

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):