本日 294 人 - 昨日 383 人 - 累計 314349 人
  • 記事検索

RSS

夏のペンキ塗り

DSC_0258我が家の風呂のリニューアルは、9月に入ってからになったが、、
今度は、ガレージの屋根の先の金属部から雨天の時など、水がザーザー流れてくる。
そのため、その周囲に苔が生えている。
私自身は、家の細部まであまり把握していないが、母からの指摘で気づいた。
何でも劣化してきているが、金属部分に小さな穴でも空いているのだろうと思い、また、周囲の柵の塗料剥がれやサビも気になったので、土曜日に通院したついでにパテやらペンキやらを購入してきた。正直、何が必要かわからなかったが…。

ついでに買ったものだから、帰宅してから、“患部”をみたら、金属の穴ではなく、30mm×50mmくらいのゴムのフタがあり、それが劣化しているのだった。
何か金属がゴムの板でも買って、貼り付けた方がよかったかもしれないが、
ありもので何とかする妥協の男の面目躍如、、パテで無理やり埋めたが、どうも塞がったのか微妙だ。

DSC_0259柵の方は、ペンキを塗る前に、塗装剥がれをきれいにはがそうとしたが、簡単ではない。
とにかく暑い。。とことんやったら、熱中症になりそうだった。
炎天下で働いたり、もうできんかもしれない。。体弱っ。。。

…ということで翌日、適当にブラシでさっとこすってから、ペンキ塗り。
購入したハケ1本では、細かい部分や、隠れた部分を塗るのが難しい。細いのも買っとけばよかった。
やはり人間が雑なので、途中から、大雑把になってしまったが、

どうせ、剥がしそこなった塗料がはがれれば、塗ったペンキも剥がれてしまうので、また塗り直さないといけないから、どうせ1回では終了はしないし、まぁいいかと…、そこそこ達成感を感じてたら、、、
その後、まさかの雷と雨。。。チっ。。。。
これも人生の縮図か。。。(宮本)

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):