本日 124 人 - 昨日 206 人 - 累計 320240 人
  • 記事検索

RSS

2020プロ野球ドラフト~後編・大学生社会人~

画像昨日の続きで、2020ドラフト会議を阪神本位で考える。
2日目は大学生、社会人について…。

まず、今日は大学生打者から、
阪神が「糸井2世」として、1位指名を予想されている佐藤輝明(近畿大)だが、
既に巨人も1位指名を表明しており、競合必至だ!
高校時代は無名も三塁に外野も守れる。遠投100m 50m6秒0。
フルスイングから強い打球を放つ左の強打者。捉えた時の飛距離が売りと言われている。

右打者では、牧秀悟(中央大)バッティングセンスが素晴らしい。ショートとしての守備はスローイングに力強さがある。
三拍子バランスの取れたプロ注目のショート。広角に打ち分ける右打者。

捕手で左打者の古川裕大(上武大)二塁送球1.8秒台、強肩強打の大型捕手。
大学日本代表。通算11発の打力で3番打者を務める。

五十幡亮汰(中央大)中学時代はサニブラに勝ったという50m5秒6の足と遠投110mの肩。
セカンドゴロを内野安打にしてしまう足は魅力的。

画像今年は大学生投手が豊富と言われているようだが…。
サウスポーでは、早川隆久(早稲田大)左で155kmのストレートに変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、ツーシーム。
もうひとりは、佐藤宏樹(慶応大)最速151㌔直球とスライダーを武器とするプロ注目左腕。
ハズレ1位も含めると、まず、1巡目で消えるだろう。

大学投手右右腕では、伊藤大海(苫小牧駒大)しなやかな腕の振りからキレが良い球を投げる能力が高いピッチャー。
変化球は多彩でストレートもしっかりとして、完成度は高い。

小郷賢人(東海大)は最速155km。上半身主体の粗削りな投球フォームから常時セットで最速150km/h超を投じる身体能力の高い右腕。
抑え向きというから、藤川が抜ける抑え、セットアッパーに欲しい投手。

平内龍太(亜細亜大)は、最速154km。空振りを奪える鋭いスライダーにフォームにも迫力がある。やはり上位で消えそう。

他には、宇田川優希(仙台大)、赤上優人(東北公益文科大)、木澤尚文(慶応大)などなど、150kmを超える投手が目白押し。
このレベルでもうまく下位で指名出来たら、ラッキーだ。

画像社会人投手では、森井絃斗(セガサミー)馬力があり強靭な下半身をいかして勢いがあり重い球を投げるピッチャー。
スライダー・カーブ・フォーク・チェンジ・ツーシームを持つ。制球力に課題があり、高校時代に右肘を疲労骨折し、クリーニング手術を受けたのは少し心配だが、その後、高3で球速150km/hをマークし、実績を残し、プロ志望届を出さず、社会人へ進んでいる。
21歳という若さも魅力だ。

佐々木健(NTT東日本)左オーバースローで最速152km、変化球は カーブ、スライダー、チェンジアップ等。

山本隆広(日本生命)思い切りの良い投球フォームから最速150km/hの速球を投げ込む小柄な本格派右腕。スライダー、フォーク等を投じる。
荒れ球の力強いストレートで打者を捻じ伏せる投球が持ち味。矢野監督の母校桜宮高校出身だけに、阪神、行くかも?

2日続けて、紹介してまいりましたが、
打者なら佐藤輝明(近畿大)投手なら、早川隆久(早稲田大)、小郷賢人(東海大)が欲しい。
前日の高校生ではやはり来田涼斗(明石商)を切望する。西川僚祐(東海大相模)も捨てがたい。
このレベルから、2名獲得し、そしてやはり関本勇輔(履正社)は、獲得できたら、もう満足なのだが…
さて、ドラフト会議は10/26(月)17時~。どうなりますやら…。(宮本)

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):