本日 129 人 - 昨日 206 人 - 累計 320245 人
  • 記事検索

RSS
画像激動の(…と毎年言ってる気もするが、、)2014年もあと数時間だが、、
今年は、わがTRICLHOUSEも結成9年にして、おかげさまで、ようやくライブもでき(その後進展がないが…)、、
来年もなが~い目でみていただくよう、よろしくお願いします!!

個人的には、何だか20歳代に戻った気分で、新たな仕事に取り組んでいるわけですが、気持ちとは裏腹に、体力、知力の衰えは、いかんともし難く、もうチョイうまくやらんといかんなぁ。。。
さて、私はといえば、師走の30日、2時間だけ仕事し、今日も日付が変わるその頃だけ1時間程度、仕事に行く。
実働時間、あわせて約3時間、通勤時間あわせて4時間。。来年は、このへんを何とか改めようと思う。

さてさて、2014年も終わろうとしているが、2014年の最終クールのドラマの録画がまだまだ見終わっておらず、越年しそうだ。。
そんな中だが、一応、今年の評価を。。
結局、年間平均視聴率のランキングは、1位「ドクターX」、2「HERO」、3位、4位が「相棒」、5位「花咲舞が黙ってない」、6位「きょうは会社休みます。」 …う~ん。。すんません。どれも見とりません。。。
そして、話題になったのは「昼顔」「明日、ママがいない」、、やっぱり見てない。。

7位にようやく「ルーズベルト・ゲーム」で見た作品に辿りついた。
「半沢直樹」の二番煎じという噂もあった。確かに香川照之、石丸幹二、手塚とおる、小須田康人、須田邦裕、宮川一朗太と共通の出演者が6名も。
石丸幹二、手塚とおるが、「いつ悪役に寝返るのか…」という感覚もあったものの、半沢で悪役だった人をルーズベルトでは“善”側で配役したのも遊び心か?? 私自身としては年間通じて、一番面白かった作品だ。。
まぁ「半沢直樹」での吉田鋼太郎が「…本当はこの人ワルいんやろう!」、いつ裏切るのかという感覚ともやはり共通している。

とはいえ、最終回を迎え、「あぁ終わっちゃったな。。」とセンチになるほどの作品は、残念ながら、無かったような気が…。
視聴率とか話題性とか完全に無視したなら、今年は「天誅」とか「ペテロの葬列」「MOZU」とか、、、個人的には地味に楽しめた。

タイトルってやっぱり大事だなと思ったのが、「そこをなんとか」と「素敵な選TAXI」後者はまだ2話くらいまでしか観てないが、タイトルだけで観てみようと思ったし。。。

しかし、最近、同時期に複数の作品に出ている俳優が多い。俳優でも、仕事のある人と、ない人の格差が大きいのか?? 

そして今年の大河。。「軍師官兵衛」。まぁよかったのではないかと思う。
最後に天下を獲ろうとした時の“悪そうな”笑顔がGOOD。秀吉(竹中直人)の権力を獲ってからの“ワル”ぶりもよかった。
石田三成(田中圭)も狡猾に描くなら、やや配役ミスのような気もした。家康(寺尾聰)を胡散臭く描いてたのに、、
最後に「その志の高さに、、」(山岡荘八的な家康の持ち上げ方で…)というのは、もっとギラギラ、ドロドロを描いて欲しい私としては、少々興ざめしたが、、まぁ歴史の展開上、そういうオチしかないか。。

「苦労は共にできるが、栄華は共にできない」という、、しかし反面、利のあるところに人は寄ってくるが、そうではないところからは古今を問わず、人は去ってゆく。だからこそ、そうではない人の悪あがきや要領の悪さなどが私は好きだ。
本来、100%悪人、100%善人などはないわけで、悪人(物語上の)には悪人の大義名分も描いて欲しい。。

まぁ来年の大河(解説本、買ってもらった。。。)イケメン大河と呼ばれており、再来年わが真田幸村を描く時にイケメンが残ってるか不安になるが、主役の女性を通じて、激動の幕末を描くということになるかと思いますが、
いかがなりますか?? 

では、私はこれにて、ちと仕事に出かけてきますが、みなさん良いお年を!!(宮本)

不義理

2014年12月27日
ちょううん.jpg最近は、通勤の際に横山光輝の「三国志」60巻に挑戦しており、今34巻を読んでるところだ。
ここのところ、視力が落ち、よく目がかすむので、細かい字が見づらい。
10%くらいは、何となく補完して読んでいる。
しかし、三国志は吉川英治のは読んでるのだが、細部のストーリーとか人名はあまり覚えていない。横山氏の歴史漫画はすごく好きなのだが、、車田正美のキャラくらい登場人物の顔の判別が難しい。集中力に欠けると、ちょっとストーリーを見失うことも。。

私の好きな趙雲。ここでも言動が登場人物の中でも立派である。
が、最近、美男子に描かれることが多いが、判別がつきづらい横山ワールドの中では、わかりやすく描かれてしまっている。(写真)

漫画とはいえ、やはり歴史モノは、人生勉強になる。
義理は大切だし、「情けは人のためならず」なのだ。

私は自分で言うのも何だが、人当たりは良い方だと思うのだが、人付き合いはよくない。
基本、何かあっても、忘れやすい性質なので、結局のところ、人を嫌いになることは少ないので、悪意はないのだが、人に対してマメに義理を果たすエネルギーに欠けていて、知人には申しわけない限りだ。

「またメシ行こう!」などなど、、行く気もない事は言わないつもりだが、、ずるずると実現できないことも多い。。

前々職で共に働いた同僚が、11月に亡くなった。自分より5歳も若い人なのに。。
遠く離れているので、会うことは難しいが、メールのやり取りなどは数年前までやっていた。
その中で、ちょっとした“約束”をしたが、果たさないまま数年が過ぎ、タイミングを逃してしまったこともあるけど、どこか心に引っ掛かっているまま、結局10年くらいが過ぎてしまった。
そして2度と果たせなくなってしまった。 なんか…まいったなぁ。。

不義理というと、少し前に父が入所している老人ホームから早朝、救急車で運ばれた。
これで2回目だ。前回は自宅にいる時にもよくなったが、“血管迷走神経反射”というヤツで、半日で回復。
私にも少しばかり経験があるから、今回もそれだと思い、仕事も忙しかったので、母に任せて、普通に仕事に行ったが、どうやら輸血をせねばならないほどの貧血らしい。
もう2週間ばかり経つが、病院からは何の説明もないらしく、何が原因なのか、何の病気なのか、いつまで入院なのかさっぱりわからないらしい。
私は父と少年の頃から、阪神とか高校野球とかの話題以外、、あまり話をしたことがない。
気難しい人だったし、、認知症になってからは、私のことがわかってるのか、どうかも少々微妙。。
老人ホームであれ、入院先であれ、会いに行って、「どうしていいのか…」という感じ。。

ようやく休みも取れたし、明日はちょっと様子を見にいくか。。(宮本)

金曜日、今年最後の練習。金村さんが忘年会から駆けつけ、、スタジオのPAラックとベースアンプの区別がつかない程、酔っていたが、“自由”&ファンキーな演奏でした。
…という私も2週間程休みがなく歌の練習ができておらず、ヘロヘロ。。
ちょっと練習後半で気付いたが、最近力まずに歌うことを意識しているが、バテることを恐れて、思い切り歌えてないのでは?
そんなことを思いながら、土曜日は朝から3ヶ月ぶりの通院。血液検査、、
最近、少々太り気味。寒さのせいで、肉を蓄えているのか?? ヤバイ。

何はともあれ、早めに終わったので、昼イチの娘の2週間に1回の通院に付き添うまでに多少、居眠りくらいできる間があるかと思ったら、阪急の人身事故のため池田駅からトボトボ歩くハメに。
雨は降るは、風は強いは…。そして土日とも夕方から少しばかり出勤。なんか慌しい上に、なんとなくザワザワ感アリ。。

ザワザワ感というと、先日レベッカが復活するかもしれない…というニュースが流れた。
レベッカ再結成

「レベッカ」というと我々の世代なら、ほぼ知らない人はいない超大物バンドである。(若い人は知らないらしい。。隔世の感あり…。)
再結成となると、「また新たな曲をやるのか」とか、期待感が半分、、何だか、「もうええやろう。。」という気も半分。

私とレベッカとの出会いは、中古レコード屋で「VOICE PRINT」という1stアルバムを何となくジャケット買いして、気に入ったからだが、そこにはデビュー曲である「ウェラム・ボートクラブ 」が1曲目に収録されていた。当時のギターリストでリーダーの木暮武彦が主に作曲をしていたが、
皮肉にも最初にヒットしたのはキーボードの土橋安騎夫が作曲したセカンドシングル「ヴァージニティー」。

デビュー曲「ウェラム・ボートクラブ 」


思うに、ビートルズしかりラルクしかり、、バンドに複数の作曲能力のあるメンバーがいるのはバンドとして非常に強いと私は思っている次第で、これはこれで非常に魅力のあることだったのだが、、私が京都の某ライブハウスでレベッカを見たのは、ちょうどその頃、、幕が開くと会場が一瞬どよめいた。。
メンバーが違う、、NOKKOがライブの冒頭で「メンツが変わってるけど、そのことは後で説明するからね!」と言ったが、特に説明のないまま、超満員のライブは終了した。
のちにレッドウォリアーズを結成した木暮武彦(Guitar)、小沼達也(Drums)が脱退していたのだ。
そこには様々、“大人の事情”があったようだが、その策略は当たり、ポップな曲調にシフトし、ビッグなバンドへと上り詰めるわけだ。
再結成は、NOKKO(Vocal)土橋安騎夫(Keyboards)高橋教之(Bass)小田原豊(Drums)是永巧一(Guitar/サポートメンバー)となるようだ。後ろ3人は、レベッカ解散後は宮原学とBABY'S BREATH として活動していたし、小田原豊はsuperfly、是永巧一は、kalafinaなど私の好きなアーティストのサポートメンバーとして活動しているので、それらの心配もなくはない。

が、私としては、レベッカは、初期の頃が好きだった。。微妙なサジ加減というか、多少の毒気というか。
しかし、あのまま行っていたら、そこそこの注目を集めたとしても、再結成がニュースになるようなバンドにはなっていなかっただろう。
その意味では、レッドウォリアーズも誕生していなかったわけで、ダイアモンドユカイがお茶の間に出てることもなかったはず。。
人生はわからないものだ。。

私が、「初期の頃のレベッカを彷彿するバンド」として、ビデオ&CDレンタルの店長時代にイチオシしたバンドがある。1988年にデビューしたレプリカである。


9枚のアルバムを出したが、1996年に解散。
実はチケットを買ったが、仕事で行けず、その後すぐに解散してしまい。ライブは見れずじまいだった。
う~ん、やはり大物バンドにはなってないが、、、まぁ8年で9枚のアルバム。。上出来かな?? (宮本)

画像 11月24日付けで、来春のセンバツ出場校を予測した。(予想はそちらを参照してください。)
その時点では、32校中3校選ばれる21世紀枠候補は各都道府県ごとに1校ずつの47校だったのだが、それが各地区ごと9校まで絞られた(写真)。。。

あら?私が、ほぼ選出が間違いないとまで思っていた千葉県の松戸国際が外れた。
早くもパーフェクトの可能性が無くなったわけだが、昨年も同じ時点の予想だったわけで仕方ない。
このあたり、一般選考の関東・東京の選出にも少なからず影響しそうな気もするが、潔く修正なしで1月23日を待ちたい。

今治西の監督の平手打ち問題は、12月に裁定が下る予定だったが、報告書の不備で1月30日まで審議が持ち越された。
チーム自体の選出には影響しないとみるが、、出場しても監督、指揮執れないかもなぁ。。

さてプロ野球、補強対象に逃げられ続けた阪神。新井兄も出て、鳥谷は、何でもブルージェイズが3年12億とかいう噂もあるし。。いつも思うが、ちょっとした企業の売上高に匹敵する額だ。
数十人の従業員がスッタモンダし、少なからず人間ドラマもあって、、「血の汗流せ、涙を拭くな♪」と稼ぎ出した金額である。
1人の野球選手の年俸にそれだけ企業が金を払う対価が取れるとすれば、すごい話である。。
復帰の噂もあった藤川球児は、、ダルビッシュのいるレンジャーズで年俸1億7500万円で契約とか。。
…ふむふむ、仕方ない。。 残ったモンで頑張りましょう!!

最近、音楽製作活動をサボっている私だが、、過日、4曲ほど新曲アイデアをコード譜も書き、鼻歌を録音したことを忘れていたが、思い出した。。
あれ? コード譜をどのノートに書き、それがどの録音とどのコード譜が一致してたのか、、ワカラン。。

それとは別に頭の中で、2つのサビのメロディーがヘビーローテーションしている。
そのアイデアとはもう14年くらいの付き合いだ。。
その間には、なんだかんだ言っても50曲くらい創ってるのだが、アルバム単位で考えた時に似た曲があったり、何か気が乗らなかったり、、があったと思うのだが、何故だかは自分でもよく覚えていないが、形にしないままになっている。
でも、何の記録もとらずに、長きに渡り、脳内に住みついている曲。。 縁があるのかないのか???

で、今日は午前中、家内の用事で自宅待機している間に、ちょっとコード譜くらい書こうかと思ったのだが…、やっぱり、ぼぉーと過ごしてしまった。 そして今日は昼から仕事で、明日も出勤。。
あっ? 何か今回はまだ実感に乏しいが選挙いけるかな? 
政治家こそ、インセンティブというか、、成果報酬にすればいいのに…。出来高年俸。。
それに選挙でも21世紀枠作って、票数では落選したが、日頃「世のためになる事をした」とか、何度も選挙出てるけど、いつもあとわずかで弱い党や無所属で落ち続けてる人とか… う~ん。。…やっぱ、ないな。。(宮本)

冷たいマイク

2014年12月06日
画像 しかし寒い、、温度的には「それほど…」という感じだが、つい先週は車に乗ったら暑くてクーラーを入れていたことを思えば、こう急激に寒くなると堪える。。
最近、春も秋も、、ちょうどいい気候が子供の頃と比べると、圧倒的に少なくなってしまった…気がする。
中島、、伊丹市出身。。西武へ断りの電話を入れたという情報を木曜日の夜に知ったから、「よし、もろた!」と思った翌朝、、スポーツ新聞一面に“オリックス決定!”。。
わが阪神、、なんかストーブリーグ、、出る人はいても、収穫がない。。 なんだかこれも寒い。。
まぁ、何だな、、生え抜きの選手が頑張ってくれれば、、それに越したことはないのだ!!

それはそうと、私…。
ここのところ、仕事、音楽製作、その他諸々、、やりたい事、やらねばならない事は多々あるのだが、なんか気が乗らない。 ちょっとずつかじっては、本格的に取り組む気になれない。。
なんかスランプかな?? (このブログネタも何だか、ムリやりなのだ。)

音楽製作はDTMで取り組んでいるのだが、DOS-V時代から使い始めてもう四半世紀近く経つ。
その間、世間の技術はどんどん進化しているハズだが、私自身は勉強不足で進歩がない。
取り入れるのは、結構、早かったのだがなぁ。。。
しかるに私の音楽製作は音質もアレンジ力(これはそもそも私にセンスがないのダ。)も進歩していない。。
進歩しないどころか、たとえば、DOS-V時代の方がベースのチョッパー(…今はスラップと呼ぶのか…)の表現はマシだった気がする。



おぉ、さも簡単そうに操作しおって…、、フンっ!

まぁ、ちょっとだけ鳴らしただけで使いもしてない既存の音源が、実際パート振り分けたら、そこそこ使えた音もあるわけで…。そして工夫のしようもあるわけで…。
欲しい音源とか言い出せばキリがないが、今は金欠だし、、何より使いこなす自信もなく、そもそも、今の私のDTMに組み込めるのかもよくわからない。。
大体、この手のヤツってなんか、もっと簡単にならんのかなぁ(ブツブツ…)

ここで気づいたのだが、楽器弾くのがうまくならんから、こういうモノに手を出したハズだが、楽器を弾くのがうまくならん奴は、こういうモノを使うのもうまくならんのではないかと。。。
どうやらこれは真理だな。。今さらだけど。。

…と、自虐三昧してても仕方ないので、歌の練習に。。
私が歌の練習をする部屋は、もちろん防音設備とかもないが、空調もない。
夏場は40度を越すような状況で練習するが、冬も寒い。。
一番、辛いのが、ここに置きっぱなしのマイクが氷のごとく冷たいのである。。
あぁ確か、昨年、マイクを普段過ごしている部屋に置いておくようにしていたのだが、すっかり忘れていた。。 あぁやっぱり進歩しないなぁ。。(宮本)