本日 124 人 - 昨日 206 人 - 累計 320240 人
  • 記事検索

RSS

敗者復活戦

2015年08月30日
蔦監督の言葉土曜日は昼から出勤。梅田から会社まで約20分歩くが、休日の出勤は普通に遊びに来ている人が多く、みんなダラダラ歩いているので、思うように歩が進められず、いつもイラっとしてしまう。
まぁ別に休日に遊びに来ている人が悪いわけでもないので、仕方ない。。

取引先がうまく手配できず、かなり窮地に陥ったが、他の取引先数社を駆使して何とか切り抜け帰宅。
帰宅すると、MOMの新曲のオケが“たけうち”さんから届いていた。
元々あるテーマに沿って書き下ろした曲なので、数曲の中から選んでもらった曲ではない。
たけうちさんにアレンジ、演奏してもらうレベルに達しているかという不安はあったが、、
アレンジがかっこいいし、ますますいい音になっている。この曲にはもったいないくらいだ。
最近、コンペ曲を創ってると、ついつい“やっつけ”になる上に、応募した曲は返却されるまでは、自分の曲であって自分の曲ではないので、創ったあと、歌うことがあまりない、、
それに最近、声も出せてないので、トリックハウスの曲ともあわせて練習せねば…。

もう8月も終わりに近づき、高校野球はU-18ワールドカップが大阪で催され、
選抜メンバーが頑張っている。ブラジル、米国、オーストラリアに3連勝!

高校野球も今年で100年。全国大会がはじまる前に放映された特別番組の録画を今さら見た。
もう10年以上も前に亡くなった蔦文也監督が、甲子園で敗れた日に選手に語った言葉に感動した。
やはり同じく感動した方が、書き写してブログにあげられていたので、勝手ながら画像を紹介させてもらった。
夏の高校野球は、1度負けたら終わってしまい敗者復活戦はないわけで、そこに魅力もあるわけだが、、
そこに長年携わった人が言うだけに深みがある。

相田みつをの「柔道の基本は受身 受身とはころぶ練習 まける練習 人の前でぶざまに恥をさらす稽古 受身が身につけば達人 まけることの尊さがわかるから」という言葉にも通じるものがある。

スポーツに限らずだけど、我々は、子供の頃から努力の大切さを教えられるが、
やがて、それが報われないことがあることも、水泡に帰すことがあることも、厳然と持って生まれた“違い”があることも、運に見放されることがあることも知るわけで…。

社会に出る前に、最もわかりやすく、それを学べるのがスポーツではないかと思う。
そこに様々な理不尽やら、“しがらみ”やら、、人生はますます複雑になるわけだが…。

ところで、今、高校野球の勢力図が変化しつつある気がする。
監督と選手、先輩と後輩との関係性が新たな時代を迎え、そこに適応しているチームが強くなっている気がしてならない。
昔ながらの厳しい学校は選手を集めにくくなっているという話も聞く。
高校野球のレベルは年々上がってると思うし、それは正しい進化かもしれない。。
ただ、何か失われていくモノがあるようにも感じ、少し寂しい気持ちもある。

そして、おっさんにとっては、別に関係もない“夏休み”の終わりが、何故か少し寂しく感じる今日この頃。。
私? 敗者復活戦でも、負けっぱなしという感じで…、復活戦フォーエバーです。。。(宮本)

中村蒼高校野球も終わってしまい、そろそろ季節も秋かな。。。
ベスト8が決まった段階で私が予想していたベスト8では東海大相模と仙台育英のみ。
東高西低は予想していたが、ここまでになるとは…。
関東、東北勢のここのところの強さが目立つ。
(その原因はいろいろ言われているが、また別の機会に触れたい。)
しかし、早実、関東一の“チームとしての快進撃”は読めなかったなぁ。
まぁ決勝に残った2校は優勝候補に挙げていたので、一応OKにしておこう。

金曜日はスタジオ練習。「仕事で行けないかも」と思ったが、何とか回避、
歓迎会に少し顔を出したので、参加が遅れてしまった。新ドラマー加入してからは3回続けて全員参加、いい感じにはなってきた。慌てず、年明けには外向きの活動ができる状態にもっていきたい。

しかし、私自身の調子は最悪。。ここのところ、休みがなく、休日も持ち帰り仕事やら何やらで、1ヶ月以上、まともに声を出していない。また極度の寝不足など。。
逆に言うと、役に立ってるかどうか半信半疑の個人練習も少しは役に立っていたと言えるかも??

土曜日は、終始、持ち帰り仕事に取り掛かっていたが、、
それとは別に取引先からの連絡の処理のために夜中に仕方なく、誰もいない会社に車で出かけた。
それ自体は、1時間もかからないことなのだが、、
この調子では、これから暫く「厄介なモノを背負い込んだ」という、、スゴク嫌な予感がする。。

それでも本日、日曜日は曲を創るには少々時間も足りず。。
よく考えてみれば、第3クールの観る予定のドラマが、既に8月も大半を過ぎ、
5,6回分溜まってしまっている。そればかりか、第2クールの「かぶき者慶次」も残り3回分観てなかったので、一気に消化。
派手なヒーローモノではなく、どちらかというと地味だが、じっくり心に染みる
よいドラマだった。…と言っても、それほど多くの共感は得られないと思うが、
ここ数年で一番、心に残り、見終わったあとは爽やかな気持ちになれた。

ところで、このドラマに出ている主役の息子(実は石田三成の遺児)を演じる中村蒼。
なんとなく、髪型といい、アゴの割れ具合といい子供の頃にみたアニメ「一休さん」の蜷川 新右衛門をずっと思い出していた。役名は新九郎で少しばかり似ている。
当時から、ずっと“みながわ”と思っていたが、“にながわ”だった新事実も約40年の時を経て判明。

…が、そんなことを考えていると、苦い思い出が蘇ってきた。。。
中学時代の吹奏楽部でトロンボーンを吹いていたが、子ども会への出し物で、子供向けに「一休さん」を演奏することになり、冒頭のリズムがうまく吹けず、顧問の先生に金槌の柄で、頭でカウントを取られ、1人で吹かされた。
相当痛く、ちゃんと吹くどころではない。そもそも何が違ってるのかわからないのである。
もう37年前か。。。 なんか私の苦難は、この頃から続いているのか、、、
現実は、なかなか爽やかな気持ちになれそうにない。。。(宮本)

Out in the Fields!

2015年08月18日
最近よく聴いている曲です♪



ご両人とも故人となりましたが、
楽曲の輝きは不滅ですね(^^)

島田

予想外の展開

2015年08月16日
オコエさて、高校野球のベスト8が決まったが…。
私が予想したベスト8で残っているのは、東海大相模と仙台育英の2校のみ。
他の6校も興南を除く5校は、甲子園に出てくる予想もしていなかった。

今回は、東高西低を予想はしていたが、ベスト8の内訳は、関東・東京が4校。
東北が2校、九州(沖縄含む)が2校。要するに甲子園の近く近畿はもちろん、
中国、四国、中部、北信越は全滅。遠い学校ばかりが残っている具合である。

地元ファンとしては残念だが、やはり良い試合が多いし、早実の1年生清宮選手、あの山本功児の息子さんである九州国際大付の山本選手がまた本塁打を打つのか、関東一のオコエ選手が、足、守備で魅せてくれるのかなど、まだ話題は尽きない。
しかし、明日から準々決勝となると、いよいよ夏の終わりを感じ、寂しくなる。

予想外の展開というと、わが阪神が、今、首位にいる。。。
何だか不思議な感じなのだが、その原因は虎ファンの長年の不安感?だけでもない。
阪神の8月15日までの得点は354点(セリーグ最下位)、失点は424点。
あれ?? 首位なのに失点の方が多い。まぁ大差で負けて、接戦に勝つと、これも有り得る。チーム本塁打数は62本でセリーグ5位、盗塁は40で最下位。
打率.245で5位、防御率3.65でやはり5位。投打にわたり、最下位に近い成績なのである。。
…なるほど、これでは首位にいるのが、不思議な感じになるのも当然である。
昨年なら、助っ人選手が軒並み、タイトルホルダーになったが、、今年は…。

監督采配はいろいろ言われているが、、これはもしや采配で勝ってるのか??
まぁ、、あまり期待しないでおこう。。。

ところで、私はちょうど仕事の繁忙期のハザマで少しばかりのんびりしているが、相変わらず、毎日、仕事の夢(悪夢)を見ている状態からは抜け出せていない。。
そして、土曜日は定期的な病院での検査。今回の採血はその病院で最も注射がうまい看護師さんにあたる。ラッキーである。
極度の睡眠不足と昼食をとれなかったりが原因で一時期、体重7kg減、、
今、2kg増加のリバウンド(?)中ではあるが、それでも前回よりだいぶ減量。…まぁなぜか、減量に努力していることになり、、、

そんな中、ようやく音楽製作もボチボチ開始した。
しかし、どうしてもDTMで、以前、創った曲の設定を利用して製作してしまうので、同じような音色で、アイデアもないので、同じようなイントロ、アレンジになってしまう。
この“ありがち”何とか“予想外の展開”にせんとなぁ。。。 (宮本)

脳の疲労

2015年08月09日
画像高校野球がはじまって、今日で4日目。
う~ん、やはり高校野球の予想は難しい。ベスト8入りと予測した静岡、智弁和歌山、天理が早くも姿を消してしまった。でも、いい試合が多い!!
それにしても、普段、鍛えられているはずの守備の連携が緊張感やら動揺などからくる集中力の欠如で一気にミス連発となってしまうものだ。

ミス連発というと、私の仕事も最近そんな感じになっていた。…と反省。
元々、私がそそっかしい(…確かにそうだが)というのもあるかもしれないが、よく考えてみると、社会人になってからというもの、平均的な社会人より脳が疲労しているのではないかと思う。脳の疲労について気になる人はここへ

学生時代は惰眠を貪っていたが、社会人になってからは、一転、睡眠時間の少ない日々が始まった。
平均的にみんなどうかわからないけど、出勤する日の睡眠時間は、4時間少々になっているので、休日さえ取れないと、相当、疲労が溜まる。
理解力、記憶力、思考能力などすべて低下するし、深く考えることも面倒になる。
自分ではあまり表面に出ないタイプと思っているが、ちょっとしたことでカチンと来るようになる。。
…そりゃ、必死に走っていて、ヘロヘロになっている状態を、走り方がどうこう言われてもなぁ。。
という感じなのだが、、それは自分だけではないので、、甘んじて受けなければならないか。。。

しかし、普段しないようなミスを連発してしまったり、いろいろな所から対処しなければならないことが次々発生し、まったく捌けず、「何が何だか…」という思考力になると、考えモノだ。

社会人になってから、3社目。何故かそういう“役どころ”になってしまうのも自己責任のような気もしてくる。
まだ30歳前半の頃に“えらい人”に「君は2つのことができれば、出世できる!」と言われたことがある。
「自分の意見を押し通す強さ」「それは俺の仕事じゃないと断る勇気」だそうだ。。 なるほど…。
まぁ先輩からは、「それができれば宮本じゃない」とも言われたが…。

この土日、久しぶりにゆっくり休めた。それでも、休み明けの事を考えると、「自宅でできることは…」と考えたのだが、、
私は普段あまり夢を見ない(覚えていないだけ?)、おそらく睡眠時間が短いのも原因だと思う。
で、ようやく、5時間少し眠れるようになったら、毎夜、見る夢が仕事の夢ばかりで、しかも現実に苦しんでいた仕事が、うまくいってない夢なのであった。。あぁ目覚めが悪い。 こうなると少々重症だなぁ。
という事で、この休日は、とりあえず仕事はしないことにした。

それで、この土日、久しぶりに“やっつけ”ではあるものの、音楽の作業ができた。
音楽ばかりやっていても、良い音楽はできないと思うけど、、やはり仕事漬けになっても、良い仕事ができない…、気がする。。 それにいろんなとこに弊害が出てくる。

50歳過ぎてなんだけど、「休みを取るために」「音楽するために」というアングルからも、どう仕事するべきかを考えるのもひとつの手のような気もする。。 さぁ明日も頑張って働こうっと!!(宮本)

甲子園むちゃくちゃ仕事が忙しく、、日曜日に3週間ぶりに休みをとったものの、結局、取引先に電話ばかりしていた。。まぁしたところでたいして力になれんわけだが…。

で、そうこうしているうちに高校野球の予選が終わり、まもなく全国大会が始まる!
優勝校を占う前に、出場校予想はどうだったか!
私が出場を的中させたのは以下…

北北海道…白樺学園、宮城…仙台育英、山形…鶴岡東、福島…聖光学院
神奈川…東海大相模、栃木…作新学院、群馬…健大高崎、山梨…東海大甲府
新潟…中越、石川…遊学館、福井…敦賀気比、静岡…静岡、奈良…天理
和歌山…智弁和歌山、徳島…鳴門、愛媛…今治西、高知…明徳義塾
佐賀…龍谷、熊本…九州学院、大分…明豊、沖縄…興南

おそらく甲子園に出てくれば、優勝候補と言われたであろう大阪桐蔭、龍谷大平安、県岐阜商、浦和学院も姿を消し、自信があったところも結構はずしてしまい。。
結果、49校中21校正解。43%正解だが、目標の50%には及ばず、、ガックリと思ったが、昨年は19校だったから、研究不足だった割には、大健闘かも??

強いと言われつつ、出てくるチームはやはり強い! これが全国大会の優勝を占うヒントではないかと思う。

そうなると、やはり優勝候補筆頭は、春夏連覇を狙う敦賀気比。
打線良し、投手良し、守備力ありと、バランス良く強い。あの2打席連続満塁弾男もいる。
春は準々決勝で散ったものの、優勝した敦賀気比と1点差で破れた静岡、エース級投手が3人もいる東海大相模、春は敦賀気比に2回戦であたり、やはり1点差で敗れたが、強力打線の仙台育英も優勝候補!
残念だが、東が強い感じは否めない。
大阪桐蔭が出れなかった近畿地区は、贔屓目にみて、天理、智弁和歌山もこれに加えたい。
あとは、ここのところ、甲子園常連の健大高崎、作新学院あたりが、ベスト8とみている。

あれ? もう組み合わせが決まっていた!!! しまった!この予想これをみていない。。。…まぁいいか。。。。

ん? 3日目は、あの虎の恋人 清宮クンがいる早実vs今治西、敦賀気比vs明徳義塾、大阪偕星vs比叡山(アレ?近畿同士…)、これは見逃せませんなぁ。。。
そして、4日目に智弁和歌山、天理、滝川二も登場!! 土日休みたい!!!

とにかく高校野球球児には力を出し切り頑張ってもらいたいものです!! (宮本)