本日 20 人 - 昨日 425 人 - 累計 300097 人
  • 記事検索

RSS
今年も仕事で年を越すかな?と思っていたら、なんかうまい具合に30日から休みになった。。
…が、朝起きると、ここのところ続いている、後頭部から首筋にかけての痛みがきつく、身体もだるいし、抜けそうで抜けない前歯の差し歯もうっとうしい。。
長い間、仕事が忙しかった疲れが、気の緩みで、一気に来たか。。。

今日は、曲創りを少し進めようと思ったのだが…。
年末年始、食べるのに不自由なのも何だし…、
行きつけの歯医者は既に休みだし、、市の休日診療所に行く事にした。
…が、差し歯をはずすと、中の歯が割れてる可能性があり、元に戻せないかもしれないので、「隣の歯とボンドでつけて応急処置をしておく」ということに。。。何だかあまり改善しなかった。。

家に帰って、、「マッサン」の総集編、下町ロケットの録画を観て、、1日中ずっと泣いていた。
目が腫れてしもうたやないかい。しかしこれ朝ドラ、リアルタイムで観てたら、目真っ赤にして出勤せねばなんらんとこだった。

その合間に録画していたSONGSスペシャルの「レベッカ」を観た。
以前、再結成の話題を書いたが、ベースの高橋さんは、会社員になっていたのだなぁ。

1984年4月21日、シングル「ウェラム・ボートクラブ」でデビュー。
私が、中古レコード屋で、6曲入りのミニアルバム2枚を入手したのが出会いだった。


これらの曲のほとんどは、ギターの木暮武彦作曲だった。
セカンドシングルの「Virginity」がまずまずのヒットとなったが、これはキーボードの土橋安騎夫の作曲。
私はこの頃のレベッカが好きだったが、メジャーデビューから1年も経たない1985年1月に後にレッドウォーリアーズを結成するリーダーでギターの木暮武彦とドラムの小沼達也が脱退。

私が学生時代、京都の“ライブハウス”で観た時は、ちょうどその頃。
以降は、ご存知のようにブレイクしていく。。
ブレイク後の作曲者が土橋安騎夫が主体。「Virginity」の中ヒットが、分岐点になったのかもしれない。

売れてるレベッカも好きだったが、初期の頃の曲は、一時期、男性Vo版としてイメージして曲を創っていた時があった。
でも、そのイメージは、レッドウォーリアーズとはまた違っていた。
その頃が私の作詞・作曲とも絶頂期だったかもしれない。その頃、影響を受けたのは紛れもない。
レベッカは、1991年に解散した。

私が再び、NOKKOの声をよく聞くようになったのは、20歳代最後あたり、しょっちゅう出張しビジネスホテル暮らしが続く時に、出社前につけたTVでやっていた“ウゴウゴルーガ”のオープニング曲「CRYING ON MONDAY」。


この曲がというより、、、番組の「これ、子供に見せていいの?」という“不思議な感じ”が衝撃だったのだ…。

再結成のオリジナルメンバーといっても、ブレイク時代のメンバーになるのだな。
紅白に出るとのことで、 無事、何事もなければ、今年は見れるかな??(宮本)

外科前々職の仲間と以前は1年に1回は集まっていたが、最近はそうもいかない。。
そのうちの3人で会う話は、昨年からしていたが、ようやく年の瀬が迫る本日、実現できた。

よく考えてみれば、その3人で前回会ったのは、前職を退職し、まだ有休消化状態だった2013年9月だった。
就職活動に入り、思った以上に苦戦し、2014年7月に新たな職場に入り、落ち着いたらと思っていたら、年を越してしまい、仕事は少し落ち着いたが2015年から作曲コンペに参加しはじめ、それも初夏からは仕事が忙しくなり、コンペはおろか休みもろくに取れなくなり、気づいたら、年末になっていた。。。
2年3ヶ月ぶりか。。 3人ともその間、いいこともなかったわけだが…。

会う場所は、尼崎の蓬川にある“みずき湯”。。
カーナビに住所を入れて、そこへ向う途中、懐かしい場所を目撃。
記憶が蘇る。。
私は大学に入って、数ヶ月経った頃、原因不明の激しい頭痛と微熱と倦怠感が続き、
近所の病院に行ったら、風邪と言われた。でも、そんなんではない事は自分でも明らかだ。
そういえば、体育の授業の体操で頭を打ったことがあった。。
フラフラになりながら、原付バイクで少し離れた市民病院へ。。
長い間待って、1週間後に検査(CT?)の予約だけして、帰らされた。。
結局、玄関先をフラフラ歩く私を見た、当時の大家さんが心配して、写真の外科医を紹介してくれた。
最初は、他の病院と同様、「どこも悪そうにはないが…」と言いつつ、「でも、微熱が続くのはおかしいなぁ?」と
「ちょっとパンツをずらして」と言われ、へその下にニキビ状の出来物が、2,3できているのが発見され、「わかった!! すぐに入院しなさい。」帯状疱疹だった。。
人生初の入院。脊髄液の検査で、人生初の脊髄注射。。
「あぁここでしばらく厄介になってたんだなぁ。。」
もう32年前。。まだこの病院あるんだ。 先生は45歳くらいだったとして、77歳。息子さんでも継いだのかもしれない。。。

画像そんなことを思いながら、現地着。駐車場は広いが、11時にも関わらず既に8割がた埋まっている。
人生初の岩盤浴を堪能するつもりだったが、、
そこでは、会話もできんということで、断念。
バイキングで食事して、普通に風呂へ、久々にサウナ室にも入って。。ええ汗かきました。
その後は、ソファ椅子に寝転んで2時間近くボォー。。こういうのは久しぶりだな。
しかし、あっと言う間に会ってない期間が2年以上。年齢を考えると、、
このペースだと何回も会えないわけだなとかも考える、、年だな。。

最近、また太って来たので、引き締めんとあきませんなぁ。。
年末までもう一仕事しないとですが、、歌の個人練習、曲創りもがんばろっと…。(宮本)

画像27日ぶりに休んで以来、今日は10日ぶりの休日。
半年ほど続いた忙しさも抜けた感があるが、休んでると罪悪感のようなモノを感じるようになっている。これではワーカーホリックだな。

勤務日も終電までということも無くなったので、毎日4時間睡眠から、5時間以上は眠れるようになったのだが、、
昨日から歩くと、腰の右側に痛みがあったが、さらにヒドくなるし、取れそうで取れない差し歯もうっとおしく、全身スッキリしない。リバウンドでまた太ってくるし。。。。

で、ボォーとしてると、宅配便が来て、家内が先日「米を買って、うどんを当てたが」今度は、「お茶を買って、米を当てた。」なんかややこしいが、、、
これで、先日、第四ビル宝クジ売場の閉店間際に、滑り込みで購入した宝くじの運は一切無くなりそうだ。。。

睡眠時間がマシになると、少し夢を見るようになった。
最初は連日、仕事のしかも何らかのミスをしている夢を見ていたが、、
ようやく解放され、今度は曲を創っている夢を見た。
これも良く見る夢だ。そこで創っている曲は、夢だし、実体のないモノと思っていたら、、
目が覚めた時に、まだ歌メロが残っている。。思わず、枕元にあったスマホに布団に潜り込んで録音。
夢の中で創った曲に実体があったことにビックリ!
しかし、声が出なくて、録音した内容は解析が難しい。。。

そういえば、私は自分の歌声が好きではない。
まだ高校生の頃、あこがれていた声が、“もんたよしのり”。
知人が夫婦で歩いている時に、出会ったので、思わず奥さんが、「あっ!“みのもんた”や!」と言ってしまったらしいが、、さっと振り向いて、「“もんたよしのり”です。」と名乗った人である。
ちなみに私の妻は、「あっシルベスタースタローンや!」と言うので、「えっ?」と思い、見てみると、散歩に連れられているシベリアンハスキーだったことがあったが、、そんな事はどうでもいい。。
久々の男性ヴォーカル列伝を再開! 一番、好きな曲がこれ!


1971年20歳でソロデビューするものの、1度は断念。
1980年に「もんた&ブラザーズ」として再デビューし、「ダンシング・オールナイト」をリリース。
で、上記の「Desire」は、1981年10月の作品。

高校生の頃、この人が元々きれいなハイトーンヴォイスだったのをウオッカを使ってとも、布団に口を押し当てて叫んでとも言われているが、ハスキーヴォイスを手に入れたと聞いて、、
ウィスキーを飲んで(もう時効ということで…)、声を枯らそうとしたが、、、、
そもそも、自分がハイトーンではなかったことをすっかり忘れていた。
友人から、「最近(話声)が出にくそうやなぁ。体調、大丈夫か?」と心配され、結局、ますます声が出なくなっているだけと悟り、あきらめた。

ところで、この人の娘の門田こむぎは、元COLOR。
元プリンセスプリンセスの岸谷香の作詞・作曲の「翼がなくても」を歌っていたが、いい曲だった。(宮本)

運を使い果たす

2015年12月14日
画像米を買ったら、うどんが当たった。。
妻はクロスワード雑誌(最近話題の、実際には景品が用意されていなかったアノ会社のものではない。)などで、相当いろんな景品を得ていたが、何故かこういう類の運を持っているらしい。
最近は、クロスワードでの景品数はめっきり影を潜めたが、それでも頻繁に何か送られて来る。

…が、まったく宝クジやロトなどには成果が及ばず…。
こういった小さいところで、“運”を使い果たしているのかもしれない。

ところで、この土日は、実に26日ぶりの休日。前回もそんな感じで2週間程度落ち着いた週が続いたが、また元に戻った。。本当は仕事の状況から、休んで大丈夫かも心配だったが、だいぶ疲れてたので、無理からに休むことにした。

両日、私が休めない間、外出や買い物も難しい家内が、外出したので、私はおとなしく留守番&骨休め。。 
それにしても、まだ治したばかりの前歯の差し歯が早くも取れそうで、またしゃべりにくくなっている。
もうしっかりとつけてもらうのは無理かもしれない。。。
どうしても、気になって、舌で触ってしまいながら、、録り溜めたドラマを見たりして、ぼぉーとしている。

あさ前回の「まれ」から朝ドラを観ている。
今まで興味がなかったわけではないが、朝8時15分からはじまる時間は大概、出勤中。15分ごとに録画してみるのもなぁ。。
という事で、舞台が地元に近いということで無理して観た「てるてる家族」に次いでやっと2回目。
BSで7:30~の部を観れるようになったことも大きい。
この2作品に関して、視聴率はいまひとつ、特に「まれ」は酷評だったようだ。
個人的にはまぁまぁと思ったが、、、今の「あさが来た」を観て、それが実に好評ということで、、、何となくそれもわからんでもない。全体の演技力?? という気もする。
準主役の宮崎あおいとか、、演技うまいなぁ。。。
最初は違和感すらあった主題歌が、AKBというのも今ではフィットして来たし、、「びっくりポンや」という決め台詞も最初は、取ってつけたように思えたが、、、うまくハマってきた。

同じく不評だった「花燃ゆ」も今日で最終回となった。何とか、前回までのものを固めて観て、ようやく最終回をリアルタイムで観るのに間に合った。
これも毎年、嫌々私に付き合い、大河を観ている家内にしてみれば、見やすかったらしい。。。
まぁ人それぞれだな。。

さて、来年は、私が歴史上の人物で最も好きな真田幸村が主役の「真田丸」。
堺雅人が演じるのは、ちょっと微妙な感じだが、、
三谷幸喜脚本で、キャストもなかなかスゴイ! 来年が楽しみです!!

とはいえ、、まだまだ仕事は忙しいようで、週明けは怒涛になりそうだ。。。
まだまだ来年のことまでは、考えられないのであった…。。(宮本)

画像さて、本日、日曜日も午後から出勤、これで21日連続勤務。。どこまで行くのか。。

そんな中、恒例のセンバツ出場校予想をやってみました!!
まだ21世紀枠が各都道府県の段階なので、予測は難しいが毎年、この時期にやってるので…。

では、まずはズバリ 下記のように予想してみました!

北海道:札幌第一(北海道)
東北:青森山田(青森)、八戸学院光星(青森)
関東:木更津総合(千葉)、常総学院(茨城)、東海大甲府(山梨)、桐生第一(群馬)
東京:関東第一(東京)、二松学舎大付(東京)
北信越:敦賀気比(福井)、福井工大福井(福井)
東海:東邦(愛知)、いなべ総合(三重)
近畿:大阪桐蔭(大阪)、滋賀学園(滋賀)、明石商(兵庫)、龍谷大平安(京都)、智弁学園(奈良)、報徳学園(兵庫)
中国:創志学園(岡山)、南陽工(山口)
四国:高松商(香川)、明徳義塾(高知)、済美(愛媛)、土佐(高知)
九州:秀岳館(熊本)、海星(長崎)、日南学園(宮崎)。鹿児島実(鹿児島)

21世紀枠:釜石(岩手)、小豆島(香川)、八重山(沖縄)


では、一応、解説(…言い訳)
まず、北海道、東北はそれぞれ優勝校、準優勝校でまず問題ない。
関東もベスト4、東京の優勝校は問題ない。あと1校が関東に行くか、東京に行くか。。
埼玉の花咲徳栄は、優勝校、木更津総合に関東大会で1-2と善戦しており、地域性の面でも有力であるが、毎年、私の当落線上の存在として登場する二松学舎大付(東京)を昨夏の東京勢の活躍を考慮し、選んでみた。
北信越、東海も優勝校、準優勝校で間違いない。

近畿は、まずベスト4の4校、ベスト8からは、市和歌山商、阪南大高は、準々決勝でコールド負けしており、智弁学園(奈良)、報徳学園(兵庫)が有力。注目は滋賀学園、近畿大会で報徳を延長の末破り、龍谷大平安にコールド勝ち。。甲子園でも暴れて欲しい。

さて、もっとも頭を悩ませたのが、四国・中国。従来2校ずつの上で、残り1枠をどちらからか選ばれる。
今回、順当にいけば、優勝校、準優勝校の4校は確定。試合内容から、四国の済美(愛媛)が5枠目を獲得することが有力だが…。ここで、高松商が明治神宮大会で優勝。四国が1枠を獲得し、事態は少々複雑に。
しかし、私としては、従来の選出を行ったあとで、四国が獲得した1枠だから、ここは、シンプルに土佐(高知)を入れるべきである…と思う。
で、事態はさらに複雑になるが、そのつづきはあとで。。。
九州はベスト4校で確定。

そして21世紀枠。
本選とはまったく別物という前提を疑うのか信じるのかもポイントだが、
まず東北2校を青森が占めてしまったこともあるが、岩手の釜石は、秋季岩手大会で優勝、東北大会で強豪東北高校に2-3で惜敗。で、実力的にも問題ない。

そして、前述の四国5校目となってしまうのだが、、、小豆島高校(香川)、、、
香川大会決勝では、なんと明治神宮大会優勝の高松商を破って優勝、四国大会で土佐高校に3-4の惜敗。
地域性を考慮してしまうとやや不利な気もするが、実力は十分!!

もう1校は、九州の小倉(福岡)、臼杵(大分)も実力的に有力だが、沖縄大会優勝、九州大会ベスト8、1-8で九州王者、秀岳館(熊本)に敗れたが、八重山(沖縄)を推したい。

う~ん、四国に5校はやはり暴挙かな。。。。
2016年1月29日出場校が発表され、3月11日に抽選会3月20日に開幕!
さて、何校あたりますかね。。。(宮本)