本日 123 人 - 昨日 206 人 - 累計 320239 人
  • 記事検索

RSS
群雲2016年のドラフト会議が終わった。
わが阪神。別に指名した選手に不満があるわけでないが…。
先日、私が候補に挙げ、その中から最低2名、あわよくば3名と考えていたところ、、結局、1位指名の大山選手だけだった。。

2位以下指名の選手も、期待したい選手ではあるが、、
1位で佐々木投手を指名しても、今回指名した選手はそのまま2位以下で指名できたのでは?? 「がっかり…」という阪神ファンは多いと思うが、私もそのひとりだ。

155キロ右腕の生田目(なばため)投手がどこからも指名されなかったのは意外だった。

「本塁打が打てる選手が欲しかった。」というところで、「吉川、京田より大山」というのはわからなくもない。
しかし、阪神、、即戦力投手は不要だったのか??
助っ人やFAで、アテでもあるのか?? 少々不可思議なドラフトではある。

まぁ私のドラフトも終わり、私の関心は、センバツの出場校を占う高校野球秋季大会へ。何だかもう日本シリーズはどうでもいい。。。

…と言っても、土日も家内とともに娘の病院へ朝から出掛け、戻ってくると家内が日本シリーズを見たがるので、これを書きながら観戦はしている。。

病院内では、ヒマなので、通勤時に読んでいる岳宏一郎の「群雲、関ヶ原へ」を読み、やっと読破した。
通勤の際に毎回読んでいるわけではないし、集中力がない時もあり、さていつ頃からこれを読んでたのか?? いっこうに読み終わらなかった。
とにかく分厚い(写真で伝わるかどうか。。)。。。しかも上下巻ある。。

関ヶ原に至るまでの多くの登場人物のあれやこれやが詳細に描かれている。
重要エピソードは司馬遼太郎の「関ヶ原」というより、それを原作として描いたテレビドラマと似ている部分も多いが、登場人物がとにかく多い。何より関ヶ原の勝敗の流れがいかに西軍優位から、東軍に移っていったかがわかりやすい。。
ちょっとしたことで、歴史は変わっていたかもしれないことを痛感。

そして病院近くのダイエーで買い物をしていたら、前職での取引先の担当だった方と偶然会った。
前職で13年勤務した後半7年で、採用の仕事をしていた時だが、担当者がコロコロ変わる中、唯一、7年間、つき合いのある方でお世話になった。。。

だが、しかし、名前がなかなか出て来ない。。
退職する時でも親身にアドバイスをくれた人で、転職後も商売っ気抜きで「できることがあれば…」と言ってくれた人なのに。。。ましてその他の人はほとんど名前も顔も浮かんで来ない。
前職を退職したのは、まだほんの3年前なのになぁ。。
ちょうど現職でも自分だけでなく、部下も含めた人事異動が風雲急を告げているようだ。。
本当にそれは必要で正当なことなのか、、、そこに自分の無力感や虚しさも感じる今日この頃、、
名前が出て来ない状況だけでなく、何か胸を張って、「元気に頑張ってるよ」とも言えなかった。そして何だか、この出会いは暗示的な気が…。

それはそうと、最近、人の名前を忘れるのがヒドすぎる。時々は記憶を戻しておかないといけないなぁ。。
「群雲、関ヶ原へ」ではないが、、登場人物はそこそこ多いのだが。。(宮本)

画像金曜日は、まだ忙しく働くチームメンバーを横目に20:30に仕事を終えて、スタジオ練習へ。
ここのところ、練習開始時間に全員が揃うのは難しいものの、とりあえずバンドメンバー全員が揃う。。
だいぶ、形になって来た!!
しかしながら、私と言えば、まだ咳が治らない。歌っている最中にむせてしまうのもあるが、
喉の調子そのものもよくない。。一番、気になったのは、息が続かないことだ。
高い(一般的に高くないが…)声を出すだけの、息の量が既にない感じなのだ。。
 喉そのものなのか、気管や肺が弱っているのか、休日は娘の病院詰めによる練習不足のせいか。。。

一日も早く、解消したい。。土曜日は、娘の入院している病院に行く前に、普段診ていただいている先生に
病状の報告と、やはり過呼吸などで診ていただいている家内を連れていったついでに私の咳についても
診ていただいた。やはり特に肺などに異常が出ているわけではない。
アレルギーか何か?? いろいろ薬を試しても一向に効かないが、漢方の薬を出してもらった。。

若い頃から自宅にスタジオ的なものを持つのが夢ではあったが、
現実は、夜間、自宅で声を出すわけにもいかない。。ブレスのトレーニングとかがいいかな。。
不本意ながら、夜間、歌の練習ができるというあのガスマスクのようなものでも試してみるか。。。
…どうもネットの評価も低いし、、まぁまぁ値もはりますなぁ。。。
何か方法はないものか???

束の間、土日がきれいに休める日々である。
日曜日は、私も家内も娘には悪いが、病院通いを休憩させてもらった。。。
…が、家内の希望で、あちらこちらへ買い物へ。。
私のポリシー(?)として自分よりそれが得意な人がいる場合、その人に任せることにしている。
家内は私より運転が上手いので、私は普段、運転しないが、、
家内が倒れて以来、少し運転するとしんどくなるので、私が運転して、あっちこっちで買い物。

ドンキーそういえば、最近、わが川西市にも“ドンキホーテ”ができたというので、行って来た。
(※別に、例のガスマスクを買いに行ったわけではない。)
こういう店って、、やっぱり買わんでもいいものまで買ってしまう。。。
パチンコ屋さんとゴルフ練習場と同じ敷地内。。大きな駐車場だが、かなり埋まっている。
あっちこっちで、すっかり散財。。

それはそうと、仕事で重い荷物(配布物)を持って、あっちこっち出歩いていたら、左手首を痛めてしまった。ハンドルを回すのも痛い。以前右側は肩や手首を痛め、治るまでに数ヶ月を要したがついに左まで(右も心なしか少し痛い)、、長引かなければいいが、まったく年のせいか…、あっちこっち不具合、嫌になる。

いつのまにか、2016年もあと75日くらい。人の噂くらいしかない。
おっさんバンドメンバーたちもそれぞれ仕事が繁忙して、スタジオ練習のスケジュール調整も難しくなってくる…。
なんとかスケジュールも体調も調整していかんとなぁ。。。(宮本)

ドラフト投手わが阪神のシーズンは怒涛(?)の7連勝で有終の美を飾り、結局4位。
あれだけ若手を代わる代わる使ってた割りには、まぁまぁではないか…と個人的には思う。

しかしながら、悲しいことにまだCSが行われている最中だが、引退や戦力外がまだ全部とは言えないだろうけど、発表された。

投手では、筒井和也(34)、小嶋達也(31)、鶴直人(29)、二神一人(29)、岩本輝(23)、トラヴィス(22)、福原忍(40)
打者では、坂克彦(31)、柴田講平(30)、一二三慎太(24)、鶴岡一成(39)

「まだやれるんじゃないか?」と意外に思う選手もいる。
これを見るに、阪神球団、ドラフトやFAで相当“やる気”なのでは?という予感がする。

主なFA流出が予想される選手としては、森福允彦(30歳・投手)ソフトバンク、陽岱鋼(29歳・外野手)日本ハム
糸井嘉男(35歳・外野手)オリックス、山口俊(29歳・投手)DeNA、大島洋平(30歳・外野手)中日
平田良介(28歳・外野手)中日、嶋基宏捕手(31歳・捕手)楽天、岸孝之投手(31歳・投手)西武がいる。。
魅力のある選手もいるが、、、若手の芽が出て来ている状況、、「…FAはもうええんちゃうか。。」と思う。

やはり、興味は、10月20日に行われるドラフト会議。
若手の芽が多く出始めた野手と違い、投手はかなり手薄感がある。そこへまだ若い投手の戦力外。
7名指名すると仮定すると、4、5名は投手指名が予想される。


今年は、高校、大学とも豊作と言われている。たとえ、競合で1位を外しても1順目ではそこそこの選手が取れると思われる。今回のドラフトの収穫の課題は、2位、3位でどこまで有力選手を拾えるか。

投手では、阪神が1位を検討しているのは、田中正義(創価大)投手 156キロ右腕 他球団との競合は必至だが、故障がやや気になる。
それに続くのは、佐々木千隼(桜美林大)投手 153キロパワー型、器用さもある右腕そしてイケメン。
故障から復活して来たやはりイケメンの生田目翼(なばため つばさ)流通経済大投手 155キロ右腕。
またこれを、練習試合で阪神2軍を5回完封した畠世周(近大)投手 最速150キロ右腕。柳裕也(明治大)投手 右腕などが続き、
ここに高校生では寺島成輝(履正社)、高山優希(大阪桐蔭)投手、堀瑞輝(広島新庄)投手と、高校生では
左腕が有力だ。特に堀投手は、プロの目から見ると、数年後にとんでもない投手になる見込みがあるとのこと。。。
他にも高校では良い投手が目白押しではある。
画像打者では、阪神が有力視しているのは、吉川尚輝(中京学院大)内野手、俊足で1塁までの到達3.8秒、守備力折り紙つきで1年時に既にプロで通用すると言われている。そして、2年春に首位打者。
京田陽太(日本大)内野手、大型内野手。足と守備はプロで即通用。スピードはプロでもトップクラス。打率高いが、やや長打力は弱いか。。
そして、大山悠輔 (白鴎大学)強肩強打の大型三塁手、4年春には連盟新記録となる1シーズン8本塁打。
日米大学野球で日本代表の4番打者を任された。

私としては、、阪神お得意の同じところから2名取る戦法から、
中山悠輝(東京ガス)内野手、遊撃・三塁 遠投100m 50m6秒3 PL学園出身3年目。
ライナー性の打球を放つ右打者。2年目の都対予選でMVP受賞。社会人だが、まだ21歳。
小野田俊介(東京ガス)外野手、早実で甲子園2度出場、早大で現役最多13本塁打でベストナイン3度。天性のアーティスト。

スピード、守備力をとるか長打力をとるか。。。

上記で挙げた選手は、たぶん、ほとんどが2順目までで消えると思われる。
できれば、このうち最低でも2名、できれば3名は欲しい。
もちろん私が知らない選手で、下位指名された選手にもどんな選手が出てくるか楽しみだ。

あともう一人注目する選手が…
大阪桐蔭時代、藤浪の控えだった澤田圭佑(立大)、大学ではエースとして活躍。プロ入りなるか??
10月20日(木)楽しみですね。。。(宮本)

またまたブログをサボっているうちに、、
家内の調子も少しマシになったものの、車を運転できない状況、、
娘も一時期退院し、日帰りで年内3度目の手術でこれで一件落着と思ったのも半日も持たず。。
また入院するハメに。仕事の状況は嵐の中の小康状態で、何と本日から3連休だったが、、案の定、、病院通いとなった。。
私自身、盆に引いた風邪の影響なのか、いまだに咳が出る、特に話をしようと息を吸い込むと、むせてしまって、咳き込むハメになり、声も出にくい。
今年の我が家は、ろくなことがない。。。仕方ないので、朝からボサボサの頭を散髪してから、病院へ、、目処の立たない状況を見守るしかないのだが…。

そういえば、娘の病院の付き添いベッドで歌詞を書いていたのは、1社目を辞めていたころだから、もう16年も前のことか。。。
それにしても、今年は音楽活動という点では、、個人的にはまったく不毛な1年になりそうだなぁ。。。

さて、そんな中、そろそろヴォーカル列伝も近年に向おうかと思ったものの、
やはり心に引っかかる歌手が数名浮かぶ。。
誰もが知る人をワザワザというのもあり、敬遠していたのもある。
コアなファンが多いけど、私はそれほど詳しくはない。でも、やはり曲を書き始めたころに良く聞いていたので、やはり影響は多く受けたと思うし、何となく今の忸怩たる思いの中でふと書く気になってしまった。

1975年に愛奴としてデビュー、1976年にソロデビュー。その頃は私もまったく知らなかったし、下積み時代といえるだろう。
私がはじめて知ったのは、1979年、カップヌードルのCMソングとなった「風を感じて」、、
私は当時15歳の中学生、、まだ10数曲しか書けてない頃だが、、
こんな曲書きたいと思いながら、書けなかった頃だ。
大ヒット曲と思っていたが、10万枚というから、小ヒット曲くらいか。。


浜田省吾というと、大御所と言ってもいいと思うし、
なんかファンも多いから、私としては、遠ざかってしまった感もある。
しかし、意外なのは、有名な名曲が多いにも関わらず、セールス的に大ヒットといえるのは、1981年にリリースされていて、1992年「愛という名のもとに」の主題歌として発売されたシングル「悲しみは雪のように」が170万枚で唯一である。

よく聞いていた頃にラジオで生演奏したのを録音してよく聞いていた。
そこで生ギターを弾いていた人が、町支寛二 という人だったのを覚えている。
どうやら高校時代からの40年以上の音楽パートナーだったらしい。
私の記憶が正しければ、その時に演奏した1曲がこれ


曲はともかく歌詞的にすごく影響を受けた気がする。
この時から、お金持ちに対する反発心が、少年ながらあったのかもしれないなぁ。。

その後、いろいろな名曲が生まれるのではあるが、私には、浜田省吾というと、あきらかに昭和なこの2曲への思い入れが強いのである。
しかし、なんとか声の状態だけでも、なんとかならんかなぁ。。(宮本)