本日 206 人 - 昨日 312 人 - 累計 299110 人
  • 記事検索

RSS
タブレットスタンドもう年齢的にも、身の回りのいろんなモノは減らしていこうと思っているのだが、、
睡眠には悪いようなのだが、特に翌日が休日の時は、寝る前に、スマホやタブレットで「dマガジン」を読む。
タブレットを持つのが、しんどいので、、ついつい画像のものを買ってしまい、またまたモノが増えた。
「dマガジン」月400円なので、いろんな雑誌、読み放題はなかなかお得だ。
ただ、私は、寝つきが良いので、あんまり読めず、、そんなにお得ではないかもしれない。

それにしても、55年生きて来た中でも、もちろん経験のない事態となった。
オリンピックもまさかの延期、先日、書いたセンバツの中止だが、このままでは夏も危うい感じになって来た。

勘ぐるわけでもないが、オリンピックの延期が決まってから、東京での感染者が急増したような。。
わが阪神でも、プロ野球選手初の感染者が出てしまい、プロ野球も今後どうなるのか??

正常化バイアスというわけではないが、、自分は大丈夫という感覚は、正直、私にもあるが…、
通勤で利用する電車など、不安要素は普通にある。

そして、その影響は、わがトリックハウスにも…。
4/3(金)に3月は練習ができなかったので、1ヵ月以上ぶりのスタジオ練習を予定していたが、中止とし、落ち着くまでは、個人練習でということにした。

スタジオは、まずまず広いので、5人のメンバーが入っても、1人1人は、2、3mは距離感があるので、例の3要素のすべてが揃っているわけでもないが、換気は良いとは言えないし、私の場合は発声もある。
スタジオでも、消毒など対策はされているとは思うが、、
一応、いいおっさんの社会人としては、この状況で、もし感染などがあった場合、スタジオで感染したわけでなくても、周囲にいろいろ迷惑をかけてしまうかも…ということで、非常に残念なのだが、そういうことにした。
潜伏期間の長さと症状の軽重の差を思うと、自分が100%感染していないと、言い切れるものでもない。
不安を言い出すと、キリはないが、、一般的に、“自粛”と言ってる間くらいは、、ということで。。。

ボーカルとしては、自宅練習では、基礎練習を行わず、単にバンドの曲をヘッドホンで大音量で、ひたすら歌ってる私でも、スタジオで歌う練習は、普段とは違う貴重なものだ。
バランスだったり、グルーブ感であったり…、自分の声が聞こえにくいとついつい力んでしまい、すぐバテてしまったり、調子が悪い時もあったり、そんな時でも、、ある程度の時間、歌い切るのも、スタジオ練習ならでは練習と思っている。
他のメンバーも、こう弾いてみようというのが、他のメンバーの音とどう絡むかの“試し”になるだろうし、、、

よく考えてみると、昨年、スタジオライブしたのが、3月23日だったので、それから1年。
1年前だったら、どうやらLive中止になってるとこだった。

早く、収束すればいいが…。
Spotify全然、関係ないが、最近「Spotify」なるものに登録した。
元々は、コンペの参照曲が、ここを指定していたので、無料だし、仕方なしに登録したのだが…。
今のところ、youtubeでは、聞けなかった音楽も、単曲でも、アルバムという形で聞けたりするので、相当いい!
私は、普段、スマホでは音楽を聴かない(ipodです)ので、PCで聞いてます。
あまりよくわかってないが…、1ヵ月ほどすると、無料のままだと、いろいろ制限もあるらしいので、どう不便になるかはわからないが…。
今までCDレンタルしていたTSUTAYA川西能勢口店も今月末で閉店するとのこと。
この「Spotify」有料登録すると、月1480円。。ちょっと迷うかも?? 
でも、“モノ”も“出費”も減らさないとなぁ。。(宮本)

愛のメモリー

2020年03月22日
メモリーセンバツにつづき、プロ野球も開幕延長、練習試合になってますが、こうなると夏の大会も、そしてオリンピックも世界中があんな具合で、危うい感じになってきましたなぁ。。。
例年より、楽しみにしていたセンバツ、そして東京に来るオリンピック、、なんで今年にこんなことになったのか??
…なんか、出来すぎやないかい…。

それはそうと、どうもPCで曲づくりをしていると、最近不具合がよく起こる。
なかなか起動してくれなかったり、急に落ちたり…、保存し損なっていた時など、泣きそうになる。
この前、PCの音が少し気になったので、中を開けて掃除してみたら、メモリがもう1枚増設できることを思い出した。
なぜか、2枚挿し終えている気になってたのだ。。。
少し、痛い出費だが、、少しでも解決すればと購入してみた。。
メモリーといえば、この曲だが、あの色黒の人だと、普通なので、ここは閣下に歌っていただこう。


そして解決といえば、、、半ば、諦めそうになっていたこのサイトのオリジナル曲が鳴らなくなっていた件が、何とか解決したようだ。
結構、初期の段階で、mp3をアップロードしていた保存先のアドレスが勝手に変わっているようだったのだが…、
とはいえ、何の許可もなく、そんなことはないだろう、つい最近まで、問題なかったし、、、
もちろん、変更になったであろうリンクのアドレスで、プログラムを書き直したが、やはり改善せず、他の原因を探し、もう迷走してたのだ。
グーグルがまた勝手な仕様変更をしたのか…、いろいろ調査したが、、今度ばかりは、お手上げと思った今日…
何かの拍子に、結局、アドレスを貼りなおして、ページを開けて1度、ちょっと最初、時間が掛かったが、再生ボタンを押したら、
…鳴ってるがな…、、、

で、まぁまぁ手がかかったが、、全曲やったら、聞けるようになりました。
最初、ちょっと時間かかったり、再生ボタンを押したり、しないといけないかも、しれないですが…。

まぁ需要ないかもしれないですが…(宮本)

画像しかし、ここまでのことになろうとは…予想できなかった。
風邪程度のような、他国の死者数を見てるとたいへんな病気のような、ようわからんが、、、
世界の経済をはじめ…というか、身近な生活まで皺寄せが来てるし…。
働き方改革というか、勤務時数減らしは、以前から取り組んでいたが、今、なおのことで…。
いい具合にコンスタントに外せない仕事がある。よってよく半日勤務とかある。。なんかね、、働いた気も休んだ気もしない。。。

私の仕事ではあまりないが、在宅勤務とか、ビデオ面談とか、、この機会に「それでいいじゃん」となれば、結局、定着するかもしれない。。案外、こういうことで働き方改革がグッと進むかもしれない。
そういえば、仕事で営業をうける際も、電話をしつつ、ネットを通じ、相手の顔が画面に映り、提案を、PC上の書面を見ながら行うというのが、最近増えて来た。
…ハッキリ言って、これちょっとウンザリする。30分とか1時間、営業と話をするのはどういうことはないが、30分受話器を握って、画面と電話の話に集中するのは、相当疲れる、、しかも、何か知らんが、相手にマウントを取られてる気になる。
こんなの増えなければ、いいけど…。

ところで、各国、日本では都道府県別で、感染者の人数が発表され、どんどん増えていくが、治った人もいるわけで、感染者と治った人を差し引いた人数で比較しないと、感染者数の累計は、そりゃ増える一方なので、現感染者数の人数で比較しないと増減がわからん気がするのだが…。
余計に危機感を煽られるような気がする。

そして、私が愛してやまない高校野球も中止になった。
高野連の“男気”で一時期は無観客での開催になることを期待したのだが、、
他の高校スポーツが中止にしていることが圧力になったのだろう。「野球だけやるの?」という発想はいかにも日本らしい。
世論も70%以上が、中止に賛同していたようだし。。どうやってもクレームを言う人はいるだろう。
私にしても、選手が気の毒というよりも半分以上は、「楽しみにしていたのに」というエゴでしかない。
それでも、満員電車もパチンコ屋も、スーパーも、、動いていて、無観客で野球をやるのがそんなに危険なのかな?
…という想いを持つのは、どうやら少数派のようだ。

こうなると、オリンピックはともかく、プロ野球もどうなるか、、夏の大会、地方大会予選も危ういが。。。
もし、あと数ヶ月で収束できて、通常に活動できるようになったとしたら、、、
私に少しアイデアがある。

夏の大会は、49代表。おそらくセンバツで出場が決まっていた32校中、半分から2/3くらいは夏には予選で敗退となる。
まず、夏の予選を勝ち抜いた49校はそのまま出場。センバツで出場予定で夏の予選で敗退した学校については、甲子園で敗者復活トーナメントを行い、ベスト5校程度まで絞り込み、これを49代表にプラスし、54校で本選を行う!
まぁ日程は厳しくなるが、8月末、なんなら9月上旬までかかってもええんちゃうかと、、こんな年くらい。。。(宮本)

ガンバの冒険

2020年03月08日
なんか、以前より、HPの更新頻度が落ちていると、サイトの「診断レポート」なるものに注意されたので、ちょっと詰めて、書いてみます。。。。 
この騒ぎで、休日が増えたこともあり、いろいろやってみたり、観てない映画でも観ようと思っているが、日頃、時間のないせいにしていたが、時間があっても、それほど進まないことを思い知らされた。。

十数年使用しているSonar6だが、その後継版で、以前、無料で入手した「Cakewalk by BandLab」(名前長いなぁ。。)を少しずつ、習得しようと久々に起動したら、いつの間にかデモ版になっていて、保存ができない。。
泣きながら、同じ目に遭っている人の記事を読んだが、何が書いてあるのか、全然、わからない。。
しかし、何とか、ごちゃごちゃ触っているうちに、元に戻ったのだが、もはや、「習得」しようという気持ちが元に戻らなかった。
そうこうしているうちに、わがトリックハウスの曲がサイトで聞けない状態になっていることに気づいた。。
何のせいか、わからないが、、だいぶやっかいそうなので、、また、今度やってみよう。。。
「…どうせ、誰も聞いてないし。。。」…いかんいかん、、こんなことでは…。

これは、なんかの「ノロイ」では。。。

…ということで、この子供が観るアニメとしては、怖すぎる「ノロイ」がずっと写っているアニメEDテーマ曲


私は、もう大人になって久しいので、、アニメはほぼ観ないのだが、ラジオやショップなんかでかかっている音楽でピンと来たものがあると、スマホのアプリで、調べている、、すると、アニメソングということが多い。
若き日に好きだったジャパメタのDNAを引き継いでいるのが、今のアニソンなのかもしれないな。。

昔のアニメで好きなのは、前、ここで紹介した「どうぶつ宝島」とこの「ガンバの冒険」。
このED曲、すごく好きだったと思うのだが、、私が言うのも、本当に何なのですが、こんなに歌、下手やったけ???
画像ところで、このガンバ、元々は、斎藤惇夫の児童小説『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』。
『ガンバの冒険』として、1975年4月7日から同年9月29日まで日本テレビ系で全26話が放送されたとある。
このEDテーマ曲は、ここのものだが、、、あれ? たぶん、これ、私観てない。。
私が観たのは、「冒険者たち ガンバと7匹のなかま」、TVアニメの総集編として、1984年に映画化されたもののようだ。
アニメ放映の9年後とは。。
ここでは、上記のテーマ曲は使用されていないので、EDテーマだけを観てたのか。。
何でも、原作では主要人物…じゃなく主要鼠は、15匹いたが、アニメとしては、多すぎということで、7匹となっている。
主要メンバーは、ガンバ、ボーボ、ヨイショ、ガクシャ、イカサマ、シジン、忠太というところ。。

なぜ、今さら、この話かというと、Eテレでやっていた2015年公開の「GAMBA ガンバと仲間たち」を録画していたのを観たからだ。。3D映像だが、、なんか違和感がなかなか拭えなかった。。作品自体はいいと思うんですよ。。
なんか、ネズミがリアル、、普段立ってるし、服着てないし、、、
主要メンバーは、ガンバ、ボーボ、マンプク、ヨイショ、イカサマ、ガクシャ、忠太。微妙にキャラが統廃合されているが、マンプクが増えた分、シジンがいなくなっている。
この映画、前作では主役の声だった、私でも知っている野沢雅子がツブリ役で、前作ノロイを演じた大塚周夫の大塚明夫がヨイショ役、ヒロインの潮路役は神田沙也加、ガクシャは池田秀一、ノロイは、野村萬斎という力の入れ具合だが、2015年10月に596スクリーンで公開、20億円の費用を投じたが、初回土日2日間で動員5万8740人、興行収入は7505万3900円とある。
いいのか悪いのかわからないが、、ある人のブログによると、1回の上映でお客さんが10人くらいとのこと。。。アカンがな。。

確かに、最初にアニメをやっていたのが、私が11歳の時、総集編として劇場化されたのが、20歳の時、そして、3D化の映画化は、50歳の時、、、まぁ何だ、、、いったい誰がターゲットだったのか…というのはある。
しかも、子供の頃に観ていた層にとっては、何の郷愁も持てないキャラデザイン。。

そして、主要メンバーから、死人じゃなく、、、死鼠(…ちょっと嫌な字面になった。)が出てしまう。。。
ボーボが死んじゃった。。(途中でフラグ立ちまくってたけど…)、、
なんかちよっと哀しかった。。勝利したあとは、まったく触れられないし。。。
まぁ「7人の侍」も確か4人くらい死ぬし、、、あの、とはいえ、、いい作品でした。。。

私も、こんなことばっかりやってるわけではなく、コンペのバラードも書いてました。。。
しかし、BPM90くらいのバラード、アレンジのダメさと、歌唱力の無さが、際立ってしまった(一応、ボーカルです。)。
まぁ何ですな。まずまずええ曲と思ってても、某にも箸にも引っ掛からんのに、この段階で、でき悪いと思う時点で、お察しですが、、せっかく作ったんで、、、チャレンジはしますよ。えぇ。。(宮本)

このキャラ先週、少し触れてましたが、新型肺炎、どうもやっかいな事になってきましたなぁ。。

まだ、どれほどのモノなのかがよくわからない。
日本でもインフルエンザによる死者数は、2018年は、3315人、2019年は、10月の段階で3281人。
罹患者からの死亡率は0.1%程度と言われている。インフルエンザが流行ったからといって、学級閉鎖などはあっても、今のような自粛になることはないが、、有効な治療法、特効薬もなく、正体不明というのがあるのかな??

確かに中国をみると、罹患者98,123名に対し、死者3,385人で死亡率 3.4%。これだと前述のインフルエンザの死亡率の34倍だ。
しかし、日本では、罹患者348名に対し、死者6名で、1.7%。おそらく罹患者、、ほとんど症状出てなかったり、軽い風邪程度で済んでる人もいるし、検査もないまま、感染している人は、こんなもんではないとすると、、死亡率はもっと下がるし、何ならインフルエンザほどの強い症状も出ない人も多そうだ。。なんか、怖がっていいのかどうかもわからなくなる。。。

私は重症ではないが、花粉症があるので、この時期、眼のかゆみ、咳、鼻炎などの症状が出る。風邪なのかどうかわからない時もある。
もっと身近になって来た時、自分も感染してるのではないか、、その症状は何なのか? そしてどう対処すればいいのかは、やはり心配になる。

とにかく、「中国への依存度の高さ」「WHOが役立たず」というのが“思っていた以上”であることはわかった。
諸説ありますが、元々の原因は何なのかは、徹底追及して欲しい。
野生生物が原因というなら、インフルエンザの温床ともいわれる根源をこれを機会に絶つことも可能かもしれない。。。

しかし、オリンピック開催の年にこの状況、、日本の経済にも、国際的な信用にも大きな打撃となりそうだ。。

個人的には、楽しみにしていたセンバツも、まずは無観客での開催が前提となり、まだ予断を許さない。
何とか試合はさせてあげたいし、批判覚悟の高野連の判断は嬉しかったが、、今の拡大状況や世論からどうなるか。。

ところでようやく本題。そんな中、2/19に、私も「ラインスタンプクリエイター」デビューを飾った。
そもそも、ラインをやってなかった私、、、ある種、仕方なくはじめたラインだが、スタンプを使うことにも抵抗があった。
で、数年前までは、儲かる人もいたらしく、どうせスタンプ使うなら、オリジナルを などと思って、昨年末から、制作開始、割とそれほど手もかからず、審査は、まず5時間後に40個のスタンプのうち、1個だけがリジェクトされたが、それも修正すると、3日ほどで審査を通過、販売にいたった。

ところで、1セット(40個のスタンプ)の価格は120円。ライン側の取り分やら、何やら引かれて、私の取り分は、31円。
売れるのは、最初の1ヵ月だけと言われているが、今のところ妻が、私と自分とママ友用に購入してくれた3セットのみが売れている。
売上は93円だが、これ1万円以上にならないと、振り込まれない。制作した96%が、おおよそ、そんな感じらしい。。
要するに、一生懸命に作って、360円かかって、自分を含めた身内で使用しているだけ…という状況。。。
期待はしてなかったが、、これも“思っていた以上”にお金を稼ぐのは、難しいなぁ。

もし万が一、興味があれば、「かわいい武将スタンプ」(上図のキャラ)で、検索してみてください!!
自分では、まぁまぁの出来と思うんやけどなぁ。。。。(宮本)

自粛まさか、、新型肺炎が、ここまでの騒ぎになるとは思わなかった。
学校から各種イベントまで、私が書くまでもなく、政府要請の影響もあり、無観客試合、中止や延期が相次いでいる。

政府(首相?)の要請は、様々、批判もあるかと思いますが、
(知ってる人は知ってるのかも知れないが…)ある種、まだ正体不明のこの敵、
ほとんどの人は、風邪程度で済んだり、急激に重症化する人もいたり、再発症する人もいたり、らしいので…。
対策に多少のアタリハズレがあっても仕方ないのかもしれない。

公的にも、個人的にも大変な損失を蒙る人も出てきているが、、命には代えられないしなぁ…。

そういう私も、とりあえず3月は、出社を半分程度に抑えることになりそうだ。
当然、ギリギリの我が家の財政にも大きな影響が及び、「どうしたものか…?」となるが、、
割り切って、これをチャンスと捉え、いろいろ着手できていない家のことやら、
観てないDVDやら、音楽活動の糧になることなどに勤しむしかないか…。

そんな中、昨日、新たに担当になった、生命保険の担当者がやって来た。

その前に経緯を語ると、社会人になってほどなく、会社経由で、保険に入った。
結婚しても、転職して、一時期、収入が途絶えた時も、頑張って20年払い続け、そこで血圧が高いと言われ、少々多めに支払い、ちょうど今から、11年前の2009年に保険の切り替えの時に、このままの条件だと、支払額が3倍になると言われ、やむを得ず、同等程度の支払額に切り替えると、死んだ時の保険額が、2/3になってしまった。。

そして、それから11年。今度も支払額を少しあげて、やはり死んだ時の保険額は、そこからさらに半額に。
最初から言うと、1/3ということ、、、う~ん、なんか自分の命の値段の査定額のようで、嫌な話だ。。。
で、保険は60歳で終了するハズだったのだが、さらに延長、、とはいえ、60歳以降、正社員としてというより、まともに働けているかは、甚だ疑問なので、とりあえずそこで見直しはするつもりだが…。
私の若い時の理解不足だったとは思うが、当初は同じ金額をずっと払い続けていれば、同じ条件は続くと思っていた。。。


ところで厚生年金、、60歳ゴールが、先延ばしになり、、貰えるまで生きていられるか微妙な感じだ。

なんか、いずれも、まんまと騙された感がある。。。その分、貯金してた方がマシだったか。。。
ホント、人生、世知辛い。

仕事もそうだし、音楽活動、、楽しみにしているプロ野球、高校野球、オリンピック…。
なんせ、今は、まずはこの“自粛”が功を奏し、新型肺炎を撃退し、平穏が蘇ることを願っている。(宮本)