本日 129 人 - 昨日 161 人 - 累計 405580 人
  • 記事検索

RSS

関西VS関東VS九州

プーチンプリン.jpg何だか、面白い画像があった。
結局、GWは病気療養で終わりそうだ。

 ところで、先日の話で、思い出した話。
私の前職は、大阪の会社であったが、半分強の店舗が九州にあった。
そのため、店舗は基本現地採用、本社は混成部隊のようになっていたが、本社、近畿地区、九州地区は、三つ巴でその仲はあまりよろしくなかった。

ある日、九州の地区長が、九州自慢でこう言った。
「九州の人間は、悪そうに見えてもいい奴が多い」と、それに比べ、「関東の人間は良さそうに見えても、悪い奴が多い」。
お約束のオチは、「関西人は、悪そうに見える奴は、本当に悪い」と。

そこで、私は「正直者は関西人だけですね。」と答えた。

 私の前職だけの特徴かも知れないが、九州では、上意下達的風潮がある。
上下関係が強く、上の命令で組織が良くも悪くもきっちり動く。
会社の業務改革が九州から始められたのも頷けるし、概ね評価が高いのは九州の社員だった。
 近畿では、社員もアルバイトも納得しないとなかなか言う事を聞いてくれないし、頭ごなしにやると反感を買ってしまう。
 そのためか、九州で優秀と言われた店長が近畿の店を預かると、大概、うまく行かなかった。

 とまぁ、何だか画一的に言ってしまってるが、
我が家などは、全員、関西人だが、父は大阪守口市出身、私もそこで生まれたが、ほとんどは兵庫で過ごし、母は和歌山新宮市、妻は和歌山海南市出身。
時々、お互い通じない言葉がある。

 昔、鹿児島県でオープンした店の軒先のテントで抽選会の係りを、熊本県の社員と2人でやった。店を出て来たおばあさんが地元の言葉で何か早口でまくし立てて来た。
何を言われてるのか、まったくわからないが、どうやら立腹されているようだ。
その人が立ち去ってから、相棒に「全然、わからんかった。」と私が言うと、「俺もわからんやった。」とその九州人が答えた。

一言で九州だ、関西だ、関東だと言っても、いろいろなのだ。日本も結構、広い。。。

 前職の会社が傾く前に、すごくいい会社になったと思った事があった。
九州の店の改装オープンに本社社員のメンバーとして参加し、九州の社員といっしょに準備していたが、闘病中だった九州の社員が亡くなった。
みんなに慕われていた人だったので、オープン日を2日後に控えて九州社員が一斉に通夜、葬儀に参列する事になり、代わりに近畿社員が十数人乗り込んで来て、オープンに向けての改装を引継ぎ、予定通り、やり遂げた。
 オープン日前日に今度は本社社員のお父さんが亡くなり、本社社員、近畿社員が引き上げ、変わりに九州社員が戻って来て、店舗はオープンセールを無事に行なった。
 それぞれが、反目し合っているようでも、やる時はやる。
「風の中のすばる~」と口ずさんでしまうような出来事だった。(宮本)

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):