本日 48 人 - 昨日 136 人 - 累計 156161 人
  • Link
  • 1262582908.jpg
    1255270298.jpg
    1253546012.jpg
    音旅.jpg
  • Search

  • Moblie QR
  • QRコード携帯電話からも
    アクセスできます。
DSC01365 - 加工軽新TOP画面
おっさんバンド トリックハウスのホームページへようこそ!
2018年7月8日(日)ページワン(谷町6丁目)LIVE参戦決定!
2018年9月22日(土)246十三にてスタジオLIVE開催!!

Liveの模様は、[Movie]、[Photo]をご覧ください!



オリジナル曲紹介


レコーディングもまだしておりませんので、
無謀にもスタジオ練習中の録音を公開しています。
音源8年ぶりに更新しました!!


OutOfControl_B.png
作詞:宮本 浩/作曲:島田勝也 (2017年7月21日)

HardBeatl_B.png
作詞:宮本 浩/作曲:島田勝也 (2017年7月21日)

Nightmare_B.png
作詞/作曲:宮本 浩 (2017年7月21日)

Peace_B.png
作曲:島田勝也 (2017年7月21日)

Material_B.png
作詞:宮本 浩/作曲:島田勝也 (2017年7月21日)

Fade_B.png
作詞/作曲:宮本 浩 (2017年7月21日)

Distant_B.png
作詞:宮本 浩/作曲:島田勝也 (2017年7月21日)

LiveInHope_B.png
作曲:島田勝也 (2017年7月21日)

REBEL_B
作詞:宮本 浩/作曲:島田勝也 (2017年7月21日)

WhatLuck_B.png
作詞:宮本 浩/作曲:島田勝也 (2017年7月21日)

NothingLasts_B.png
作詞:宮本 浩/作曲:島田勝也 (2017年7月21日)

"));

最新のブログ - Liveのお知らせと池田城のゆり
2018年06月17日
トリックハウス20180708-2さて、掲示版の方でも紹介させていただいておりますが、、
7/8(日)にLiveに出演させていただくことが決定した。。。

今回は、ほぼ1ヵ月前での決定ということで、以前であれば、無理な期間ではあるが、ようやく、当日の都合さえつけば、出演できる状態にまでやって来れたのは嬉しいことだ。

…とはいえ、おっさんなので、体調だとか、喉の調子とか、仕事の都合とかは、少々気を使わねばならない。

ところで、今回は、昨年12月に出演させていただいた大阪谷町6丁目のライブバー「Page One」のライブに参加させていただくこととなった。
お誘いいただいたの前回、主催の方と同じだが、他の出演バンドのグループ名は、前回とはすべて異なっている。当然、“人”的には同じ方もおられるようだが、別の趣向も出て来そうなので、そちらの方も楽しみですね。。。

わがトリックハウスは、前回、厚かましくも10曲も演らせていただいたので、今回は8曲くらいにし、私もウダウダなMCは極力なくし、“寡黙”に疾走したいと思っとります。息切れせんようにせんとな。。。

詳しくは、前のチラシのマイナーチェンジではありますが、ブレードランナーを意識した雰囲気にタイトルにスターウォーズ感も加えた(笑)、チラシを添付しておりますので、ご確認願います。

日曜日の17時開場、17時半開演、我々は3番目の登場です。
まぁ「笑点」を観るのはあきらめて来てくださいね。
DSC_0183で、私は、6/15(金)のスタジオ練習の翌朝土曜日は、3ヵ月振りの通院で血液検査。
その後、家内の実家へ妻子を連れていくため、妻子は私の診察の間、病院近くの池田城のゆりを見学に。

今年は、昨年と違い、満開でしかも青空がいいですね。

まだ、今日、判明した血液検査の結果だけで言えば、少しばかりよくなっている。不思議と体調が悪い時の方が、数字がよい。

次は、6/20に会社の健康診断。。。また血を抜かれた上に、バリウムを飲むことに。
そこまでは、摂生して、そこからは体力をつけんといかんなぁ。。。(宮本)
ページワンLIVEここのところ、何かと気鬱なことが多いせいで体調がスッキリしないのか、、
体調不良が、よけい気持ちを濁らせるのかはわからないが、、少々落ち込み気味だったが、、
ポジティブな情報が2つ入って来た!

1つは、
急遽、7月8日(日)谷町6丁目ページワンで開催されるライブに参戦させていただくことが決定しました!!
しょっちゅうライブをしても誰も見に来てくれないので、年2回くらいライブできるのが、良い按配だなと思っていた。。。
結成以来、9年間ライブをせず、それ以降でも、まだ通算3回しかできていないバンドとしては、それでも、大きな進歩ではある。

昨年は、神戸カフェサン、谷町6丁目ページワンのライブで参加させていただいたお陰で、その年2回を達成した、、、
十三LIVE今年、2018年は、9月22日(土)に普段練習させていただいている246の難波店の系列である十三店にて、スタジオライブをわがトリックハウス主催で予定しており、今のところ、「めく&ヤジオーズ」さんも参加が決定している。

これで、とりあえず年2回は達成したわけですが、、昨年よりは、良いパフォーマンスにしていきたいですねぇ。。
両ライブともこれから、情報が分かり次第、公開していきますので、よければ、ご来場よろしくお願いします!!
私も体調と気持ちをあげていかねば…。

もう1つは、私が音楽制作に使用しているDTMの話。
良い曲を創りたい欲求はあるものの、そもそも面倒くさがりで、打ち込み作業が好きではなく、アレンジのセンスもない。しかも、PCの設定、英語力とかもダメダメで、一向に思うように環境が整わない。

そこへ、ある悲劇が…。
関心の無い人には、どうでもいい、サッパリ??な話かとは思うが、
私が、PCを使った音楽制作をはじめたのは、DOS-V時代の1992年くらいか、、ヤマハのハローミュージックだった。録音しないといけないところは、アナログなのかデジタルなのか微妙なMTRで行っていた。
この制作方法は、2000年頃まで行っていたが、以降、並行して知人からいただいたCakewalkにて、制作を開始した。

そして、本格的にこのCakewalkのSonar6を購入し、導入したのが、2006年。
以降、VST音源(ほとんどフリーのもの)をちょいちょい足すだけで、更新すらしてなかった、、、
それ自体、使いこなせてなかったので、それぞれのVST音源を付加できれば、別段不足に思うこともなかったわけだが…。
この音源の追加がうまくいかないこともあり、Sonar自体、さすがに更新せんといかんかと思い始めた矢先。。。

2013年で、Sonarは、7,8、8.5、X1,X2,X3と更新されていたのだが、、9がなく、8.5とは???
次に2016年にPlatinum、Professonal、Essentialとなり、2017年には、Life Time Updateという、、
月おいくら制度になったと思ったら、同年11月にGibson及びCakewalkは、SONAR含む全てのCakewalk製品の積極的な開発・生産を終了すると発表。ちなみにCakewalkは、私が購入した時期も含む2013年まではRoland社から販売されていたが、Gibsonの子会社であるティアック社TASCAMのブランド製品として販売されるようになっている。
なんか、連絡が来てたように思うが、、、いったい、どこの会社がどうなっているか、何かあったらどこに言っていいのか?
わからん状態になっていたが、、これで、「もう頼るところも、未来もない。」感でいっぱいだったわけだが…。
Calkwalkなんと、2018年2月シンガポールの企業であるBandLab TechnologiesはCakewalkの一部の資産及び全ての知的財産権を取得。
3月には、SONARの開発再開についても言及され、4月にCakewalk by Bandlabで、復活!!
しかも、旧ユーザーだけでなく、全ユーザーに無料開放! となったようだ!
…というのを昨日知った。。。旧ユーザーからは、当然「複雑…」という思いもあるようだが…。

「金持ちをビンボーにしても貧乏人は金持ちになれない。」という諺があるが、
「貧乏人をもっとビンボーにしても、貧乏人は金持ちになれない。」というのも真である。

一応、旧ユーザーである私ではあるが、このCakewalk by Bandlabは、SONAR Platinumなみということなので、私の所持しているSonar6よりは、だいぶ上ではないか…と思われる。

う~ん、これはなんとか入手しなければ。。。
うまくインストール、環境設定ができるのかという不安感は満載であるが、
旧環境をアンインストールする必要もないらしいし、まったく使ったことのないDTMを導入するよりは、なんとかなりそうな気もする。。この無料開放があるうちに、様子をみて導入していきたい。
また、進展があれば、ここで報告します! …いつのことやらですが…。
もし、DTMに興味のある方も、チャンスかもしれないですね。
まだよくわかんないけど、シンガポールの社長さん、とりあえずありがとう!!(宮本)
ZOOM_エフェクターわが阪神タイガースは、どうも波に乗れない。
あれだけ前評判のよかったロサリオ選手はついに2軍落ち。
なんか人の活躍への祝福や、1塁手として、ピンチをしのいだ時のガッツポーズとか、良い人そうなので、頑張って欲しいのだが…。

ところで、曲創りの際、以前はイメージは出そうと、ギターは下手なりに自分で弾いていたが最近の私の曲創りは、“歌”以外は打ち込みにして、、自分ではプレイしてなかった。。一気にクオリティ下がるし。。
まぁ歌も、、本当は自分で歌わない方がいいかもしれないが…。

先日、ちょっと音が寂しかったので、「クリーンな感じのギターカッティングを入れたいな」と思ったが、、「打ち込むの面倒やな。」と、、カッティングくらいなら、久々に自分で弾いてしまおうと思い、、DTMにつなげて弾こうとしたら、音が鳴らない。。。
おかしいな。。以前は、同じ方法でギター録音してたのに。。。

その時は泣く泣くあきらめたが、、、
ちょっと不具合の原因を探そうと、、痛む重い腰をあげて、試してみた。
現役時代(もう、32年前、、もうそんなに前だったか。。。)は、ディストーション、コンプレッサー、ディレイ、コーラスをつないでたが、今は写真のエフェクター1本のみ、、確か8000円くらいのモノだが、この中にはいろんなエフェクター機能だけでなく、アンプシミュレーター(Marshallとか5150とか、、)も入ってるようだが、使ったことはない。。…というか、使い方もわからない。

結局、いつも使ってる、ストラトからは一切音が出なくなっている。試しにSGで弾いてみると、何か音が悪いが、出ているのは出ている。。。いずれにしても、今のままではギターを録音できない。

ギターのジャックがいかれてるのかも???
そうなると、DTM音源をそろそろなんとかせんといかんが、、、なんか、やる気がしない。

私がギターをちょこっと練習するよりは、打ち込みの環境を整えた方が、マシな気はしているのだがな。。さて、どうしたものか???

ここのところ、昨年までと比べると、よく寝ている。
平日も5,6時間は寝てるし、以前、日本人の平均睡眠時間は7時間半とかで、世界的にみても韓国に次いで、短いということだったが、どうも信じられない。サラリーマン、そんなに寝れるもんか???
さすがに、ここ十数年、平日は4時間くらいしか寝てなかったので、どうもパフォーマンスの劣化は否めず、さすがにイカンなと思ったが…。
先日、会社の人が、みんな7時間は寝ているということを知って、今の睡眠時間でも不足なのかと思うに至った。

で、最近、どうせボォーとしてるなら、なるべく早く寝ようと思っているわけだが…。
別段、体調がよくなるわけでもない。。むしろ、いろいろストレスが溜まってるせいか、体調も気持ちも晴れない。

しかし、そんな調子とは裏腹にトリックハウスの個人練習、睡眠のせいかもしれないが、少しながら、声が出るようになってきた。
いくつかネットで読んだが、高音を出す時に喉をしめつけてしまうことを回避するために、あくびをする時の喉の感じを意識するというのを複数見受けたので、あくまで“なんとなく”だったが、ちょっと意識してみた、、、その効果もあったのかな??? (宮本)
UMEDA FOOD HALL5月の21日の週は、なんかバタバタしていて、職場で朝から仕事を終えるまで休憩をとれず、
昼食をとれなかったので、すこしだけ体重を落とせたのはよかったが…、
働き方改革が私の身近にもやって来て、早く仕事を終えられるようになったのは嬉しいが、ずっと立ちっぱなしは以前からだが、忙しない感じとか、昼食休憩もこの1週間抜きとか、逆になんか疲労困憊だった。。。

そんな1週間の最後、金曜日の夜は21時からわがトリックハウスの約2ヵ月ぶりのスタジオ練習。
いつもなら、晩飯をどうするか迷うところだ。歌うには、満腹でもしんどいし、、

19時前には仕事を終えたが、、さすがに昼夜抜きのまま、何も食べないと力が出そうにない。
どっかで“昼食”でも食べようと、、いったん阪急三番街の地下でも行ってみようと、足をのばしたら、飲食店街の奥にあったなんか不自然な壁がなくなり、「UMEDA FOOD HALL」なるものが、できていた! 
いやぁ、、「デカイ」。。。もう2か月前にオープンしていたのだな。。。
1人だし、座るところも見当たらないが、既存の飲食店街は、以前より心持ち空いてる感じだ。
で、、私は、結局、そっちでカレーライスを食べて。。“大阪メトロ”のなんば駅のイスで時間をつぶし、いざ練習へ!
すでに疲れていた。。そんな私は相変わらずだが、みんなの出席率も演奏も安定してきた。。。

なので、やたらと土曜日は、余力がない感じだったが…。
またも、自分が歌う曲ではない曲の作成へ、、おそらく最短ではないか??
3時間くらいで、作曲、仮歌詞、アレンジまでやってしまう“やっつけ”。

ちょっと前に全然違うことからだけど、思うことがあった。

朝ドラの話になるが、私はずっと朝にドラマを観る習慣がなく、はじめて朝ドラを見たのが、比較的、身近な池田市が舞台になった2003年の「てるてる家族」が初めてだ。
石原さとみ主演だったが、もう15年前。面白かったが、平均視聴率は、当時の史上最低18.9%。
…が、その後、さらに視聴率は悪くなるので、作品というより、流れ的にそうだったのかもしれない。。
2010年頃から、朝ドラの視聴率は、少し回復しはじめるが、私はそれから、また何年も朝ドラを観ていなかった。
総集編で観た2015年の「マッサン」がなんかよかったので、、、
次の「まれ」から見始めた、評判は悪かったようだが、、私はまずまず。。。
で、「あさが来た」「とと姉ちゃん」「べっぴんさん」「ひよっこ」「わろてんか」と6作連続で観た。
そして、「半分、青い」。。初回で、、、なんか見る気がなくなってしまった。
胎児がナレーションしてるのにとてつもない違和感が…。
結局、よいのかどうかはわからないが…、、「最初が肝心」だなと、、感じた次第である。

前置きが長くなったが、、、
曲創りも、「最初が肝心」、、イントロが大事だなと。。。
確かにイントロで「かっこええ曲やな」と思うことはよくある。
最近、イントロ適当だったので、どれも似た感じになってたし、、、と反省した次第である。
で、今回の曲、、いきなりサビの曲だったので。。イントロなしでした、、(宮本)
最近、自分の年齢のせいでもあるが、やはりよくTVでリアルタイムで全盛期を見た人が、お亡くなりになることが多くなってしまった。

私が少年時代の頃は、まだまだロックはアンダーグラウンド的存在で、耳にするのは歌謡曲、演歌、ニューミュージックと言われるシンガーソングライターが次々登場していた時代だった。

西城秀樹と言えば、アイドルという存在だったとは思うが、今と違って、あまり歌のうまい人はいない(…と思っていただけかもしれないが…)印象の中、抜群に歌の上手いイメージを持っていた。
それでも、知人から聞いた話なので、真実かどうかは定かではないが、アルカトラスのコンサートを観に行ったら、オープニングでSEがフッと止まったあと、
「ナイトゲームス」のイントロが鳴った。アルカトラスの曲ではないが、元々はボーカルのグラハムボネットの持ち歌だ。。一気に、総立ちに。。しかし、それは西城秀樹の45枚目のシングルとしてのカバー曲バージョンで、一気にみんな崩れ落ちたという話があって、笑い話と思ったものだが…。

それを思い出して聞いてみると、、、


いやはや、ヒデキは私が思っていた以上の歌唱力だったのだな。。
笑い話というのは失礼な話だった。
声の質も声量も豊かで、なんと表現していいのか、時折みせる、独特に声を“転がすような”歌い方は、真似したいが、どうやっていいのか見当がつかない。もう少しロックボーカリストとして評価されていい人だった気がするし、ライブでは「アイサレンダー」とか「オールナイトロング」とかレインボーの曲も歌ってたりするし、オリジナルロックナンバーを歌って欲しかったなというのが、悔やまれます。
ん? よく見ると、ギター弾いてるのは織田哲郎さんですな。


こっちは本家ですが、ドラムはコージーさんですね。。。

それにしても、63歳とは若い。2度の脳梗塞が、寿命を縮めてしまったのか。。
私の父も、60歳で脳梗塞をやり、左半身が一時期不自由になったが、ほぼ回復、しかし80歳でもう1度やったあとは、認知症の症状が出て来た。
また、40歳過ぎに十二指腸潰瘍による吐血をしているが、私も39歳でやっている。
父は、60歳半ばでは胆嚢炎で摘出、その際に鼠経ヘルニア(脱腸)も発覚し、手術している。
いずれも、後追いしそうな気がするので、私も注意しないといけないなぁ。。。

今日、明日と土日休みだが、取引先20数社に新たな依頼を金曜日にしたこともあり、土日も動いている会社からは、携帯にメールや電話が来るかもと思うと、目の前に書類を広げて、携帯を目の前に置いて、なんか落ち着かない。
以前に比べると、土日にガツガツ動く会社も少なくなったので、ほんの少しではあるのだが…。
なんか、気になって、曲創りもできなかった。。スランプは続くなぁ。

それでも、25日(金)2ヵ月ぶりのスタジオ練習にむけて、個人練習しとかないと、、、
ここ数日、寝起きに声がガサガサになっている。今日の練習は、案の定ダメだった。
それと比べると、、、他の人の歌がとてもうまく感じる。若い時は、アイドルの歌唱力とかバカにしていたが、今思えば、そんなこともない、、特に西城秀樹は、なかなかにスゴイ、ボーカルリストであることを再認識させられた。(宮本)