本日 54 人 - 昨日 163 人 - 累計 396173 人
  • 記事検索

RSS

予想通りというか、何か強いようなそうでもないような、、そう思いながら、

なぜかぶっちぎりの首位をキープし、「優勝してまう…」とご多分にもれず、心配していた私だが…。

ここのところ、失速、やはりあの巨人が、気づいたら、すぐ後ろに迫ってきた。。


あっ予想といえば、気づけば、もう7月がそこまで来ている。

コロナ禍ではあるが、今年はなんとか開催されそうな夏の高校野球、既に地方大会も始まったので、

“アレ”をやらねばならない。。。


そう、出場校予想だ!!

まずは、ドンと49代表予想!!

高校野球出場校予想

参考資料は、昨秋、センバツ後の春季大会の戦績となるのだが…。

センバツの選考がかかる秋季大会は別として、春季大会を各校がどう捉えて戦っているのかはやや見えづらい。

もちろん手抜きはないだろうが、チーム構成の中でいろいろ試しているだろうし、

秋季は、まだ新チーム結成、間もない話である。


一発勝負の夏の大会、いつも半分も当たらないが、何とか50%は当てたい。

今回は、秋春と安定した戦いをした学校を予想してみた。


特に大いに迷ったところは…

長野県、センバツ出場した上田西、秋の優勝校、佐久長聖と迷ったが、春V、秋ベスト4の松商学園とした。

あと滋賀は、春を制し、秋もベスト4の綾羽と迷ったが、秋の近畿大会で智弁学園と死闘を繰り広げた滋賀学園に期待。

和歌山は、センバツ1勝、プロ注目のバッテリー擁する市和歌山が有力だが、「打倒小園」の執念を燃やす智弁和歌山とみた。

高知は、中学時代から注目された森木擁する高知も有力だが、試合巧者の明徳義塾

福岡は、全国的にも優勝候補に挙げられる福岡大大濠より、豊富な投手層を持つ九州国際大付で。

まぁ他もいろいろ迷ったが、、こんなところで。


今年は、オリンピックの影響もあるのか、いつもより少し遅めの8月9日から開幕する。

なんでも決勝と準決勝前にも1日ずつ、休養日がある。

大会中、好投を続けていた投手が、決勝で思わぬ乱調になり、大差で敗退することもよくある。

これはいいことだが、何なら、準々決勝前にも1日空けてもいいような気がする。


このコロナ禍、、何とか無事に開催されることを祈るばかりだ。(宮本)


名前と容疑

2021年06月20日

宮本から君へ最近、あまり時事ネタとか書かないのですが…、少々、聞き捨てならないことが起こった。

大阪は天満で起こった殺人事件で逮捕されたのが「ミヤモトヒロシ容疑者」ということで…

TVでそれを聞くたびに、ちょっと嫌な気分になる。

現時点でこの人が真犯人と確定したわけではないが、この容疑者は、宮本浩志で、

私は宮本浩、、私の方に“志”が無いというのも、なんか微妙に腹立たしい。

しかも、私は57歳で、この人は56歳、、誕生月によっては同級生だ。

そして、この犯罪が、卑劣で凶悪なので、なおさらだ。


最近の私を知ってる人なら、「微妙に名前が違うよね」とか、「顔が違う」とか、

「同じ名前の人が…」程度で済むが、古い知り合いで、名前もうろ覚えだったりしたら、

「あいつじゃないのか?」とか、そいつが他の人に話したりしているうちに、「あいつ、あの事件の犯人らしいで」とかならないか心配だ。。そもそも、私がそんなうろ覚えの人の記憶に残ってる人物かは、甚だ疑問だが…。


姓の宮本もよくあるし、今では絶滅危惧種かもしれないが“ヒロシ”も当時は多い。

恐れ多くも、現天皇の浩宮徳仁の“浩”をいただいている。

その字も、やはり当時は流行していたから、同姓同名は結構、多いはずだ。

私も、直接あったことはないが、同じ宮本姓の同級生から「弟と同姓同名」とか病院で「同姓同名の人がいるので」とか言われたこともある。


冒頭の画像の漫画「宮本から君へ」は、1991年から掲載された漫画で、最近、ドラマ化、映画化もされている。

なんでも主人公が、その暑苦しさから、男性誌で嫌いな男性アンケートの1位を獲得し、作品自体も「日本で最も嫌われたマンガ」というのが、キャッチフレーズにもなっている。で、その主人公が、“宮本浩”でドンピシャの同姓同名。

その主題歌が、エレファントカシマシ、つまり歌うは、宮本浩次(ミヤモトヒロジ)。

これで、ますます、ネットで宮本浩と検索しても、私はなかなか出て来ない。

まぁ良くも悪くも、検索されるようなことはしていないが…。


そんなこんなで、今日は、私の母を、コロナのワクチン接種へ車で送迎してきました。

まだ1回目、注射は痛かったようですが、今のところ、無事なようです。


早く、収束に向かい、我々トリックハウスも、活動を少しずつ、再開したいところ、、

とりあえずは、個人練習、、「なんちゃってファーストテイク」の第2弾、今のところ「最新曲」の

Restless Nightsを歌ってみました。




ところで、名前をつける時、芸能人とか、有名な人の名前にあやかり、名前をつけてしまうと、

そのオリジナルの人がやらかすと、少し悲しくなるので、要注意だ。

私の娘? 伊織といいますが、知ってる人しか知らないと思うが、宮本武蔵の養子の名前。

子どもの名前を考える時、男性、女性それぞれを私が複数考え、妻がその中から決定するという方法をとった。

そして、なぜか男の子用の候補だった、この名に決定されてしまったのだ。。

まぁ今では、我が家の決裁権のすべては、妻にある。。。(宮本)


居場所いやはや、先週は、交流戦に入って失速と感じていたわが阪神だが…、
交流戦の最後は6連勝、2位巨人との差も7ゲーム差となった。
しかし、戦力のある巨人、まだまだ安心はできない。

交流戦では、オリックスが優勝し、パリーグでも3位に上昇。
あり得ないハズの日本シリーズが関西ダービーもあり得るかもしれない。

さて、娘の介護ベッド導入が決まり、先日来、書いて来た断捨離もそこそこに
とりあえず、すぐに使わない嵩張るモノは屋根裏へ、、私のレコードなども、その代表格。
レコードというくらいなので、入手したのは20代前半まで、そうも多くないなと感じた。
レコード1枚買うのも、当時はなかなかの出費、1枚1枚、大事に聞いてた、、
たとえ、最初、「イマイチで失敗…」と思っても、何度も聞いて、好きになる曲もあったかと思う。

それを思うと、CDレンタル、今やネットで、パッと聞いて、インパクトを受けなければ、
それ以上、聞くこともないし、、今の“作り手”発信するのは簡単だが、生業にするのは厳しいのだろうな。

そんな事を思いながら、土曜日はせっせとベッドが入る部屋のスペースを作るための搬出作業。
日曜日は、その部屋内でのテレビの移動や、メインの私のPC&音楽制作環境の移動。
まだ、この画像は未完成ですが、私のスペースは、こんな感じに。
まぁなんだ一応世帯主の私の居場所はこれくらいで、とうとう家庭でも窓際になりました。。。

それでも、この部屋、窓を覆うものが無くなり、なぜか、いい感じに広くなった。
最近、小さく感じていた32型のTVも心なしか、大きくなった気がする、、、
近くなっただけかもしれないが、、そう感じられるなら、それがすべてだ!
PCも、いろいろ試したところ、無事に動いている。
しかし、そこではじめて、ちょこっとやったのは会社だけでは、間に合いそうにない“仕事”だった。
多少、環境も変わったところで、あとは私の音楽制作のモチベーションが上がるのを待つばかりだ。



もう35年前かな? まだ学生だった頃に京都の確かビブレホールで聞いた。
いまだにこの曲を聞くと、頑張らねばと思う。。(宮本)

阪神_Wわが阪神は、交流戦に入ったあたりから、少々失速気味。。
開幕投手だった藤浪も、ようやく1軍に上がって来たが、西勇輝もなんだか調子悪そうだし、
ガンケルも2軍調整から復帰するはずだった今日の試合にて体調不良で登板回避。
盤石だった中継ぎ陣も岩崎の不調、小林の怪我、その他、そのほとんどが一時期の調子ではない。
2位の巨人もイマイチの調子なので、幸い、それほど差は縮んではいないが、、
相変わらず、守備のミスは多いが、矢野監督の走塁革命は、やはり大きい。
遅れてやって来た、アルカンタラ、ロハスが、“本領”を発揮してくれれば、再び活気づくのだが…。

阪神タイガース Womenも、初戦をコールド勝ちしたようです。
こちらも、メジャーになって、試合がTV観戦できるようになれば、うれしいですな。


先日来、娘の介護用ベッド購入の為に、見積もりをとっているのだが、
県も違うが、知人と同じものを購入と考えていたが、最初に見積もりを取ったところが、
それより10万円も高かった。そこで別のところ(知人が購入した企業の別営業所)に見積もりを依頼したら、
明日以降に見積もりしますと言ってから、1週間以上音沙汰がない。
痺れを切らした家内が、他の企業に見積もりすると、1日で見積もりが出た。価格は前出両社の真ん中あたりだが、
せっかちな家内は、3社目で決定。スピードって大事だな。

なので、先週書いた断捨離も、ゆっくりとはしてられなくなった。
学生時代の古い教科書(私、法学部だったので、その系統のが多いです。)やら、主にドラマやらを3倍速で
録画していたビデオなどをエイヤっと破棄。
カセットテープは、10代の頃に録音したオリジナル曲や、学生時代のバンドの録音などが出てきて、
気になったが、選別している暇はなく、一気に屋根裏へ。
開かずのCDラックは、「あれ、こんなのあったんや!」が結構、あったが、これも屋根裏へと思ったら、
ラック高さが、屋根裏に入らず、別の部屋の細い隙間に収まった。
逆にちょっと、“いい曲”を見つける機会ができた。
もっと捨てるモノを増やしていかないとなぁ。。。

まだ、私のPC周りの移動とか、ベッドのスペースを作り出すには、やらんといかんことが盛沢山だが、
現状は、少しばかり部屋が広くなった気がして、少し気持ちがいい。
捨てるのも悪くないな。(宮本)