本日 115 人 - 昨日 206 人 - 累計 320231 人
  • 記事検索

RSS
画像今日は、朝から歯医者の検診。
そう言えば、もうだいぶ前に奥歯の白い詰めモノが割れて、大きく穴が空いている。
別段痛くはないが、欠けたところが尖がってるので、それが舌に触れると、少々痛い。
当然、検診を受けると、治療することになったが、その奥歯の詰めモノ部分は外側で、今回、割れたのは、白い詰めモノではなく、私の歯そのものだったことが判明。。…ということで、その歯は外も内も割れているという事態になった。。。

昼から、コンペの曲を、久しぶりに書き下ろしで制作していたのを金曜日の夜に
仮歌詞を書いたので、、歌入れ。相変わらずのやっつけだが、、新曲が書けたので、少しハイに。
曲はちょっと、、テーマ的には少々くすぐったく気持ち悪いのと、、聞き直してたら、、いろいろアラが見つかり、だんだん気分が落ちてきた。。

…では、気を取り直して、2017年のセンバツ出場校を予想してみた。
一昨年、昨年と32校中28校を当てている。昨年は正直、自分の予想の方が、一般的に支持を受けると思う内容だったが、、、今年は、やはり29校以上で正解率90%を目指したい。

出場校の発表は1月27日だが、21世紀枠の候補が現状、各都道府県の推薦が決まっている状況なので、本当は12月16日に各地区9校に絞られてから予測したいが、例年、この時期なので、同じ条件でやってみました。

まずは、とりあえず、ズバリ予想!

【北海道】札幌第一
【東北】 仙台育英(宮城)、盛岡大付(岩手)
【関東】 作新学院(栃木)、東海大市原望洋(千葉)、前橋育英(群馬)、健大高崎(群馬)
【東京】 早稲田実、日大三
【北信越】福井工大福井(福井)、高岡商(富山)
【東海】 静岡(静岡)、至学館(愛知)
【近畿】 履正社(大阪)、神戸国際大付(兵庫)、 大阪桐蔭(大阪)、滋賀学園(滋賀)
     報徳学園(兵庫)、智弁学園(奈良)、高田商(奈良)
【中国】 宇部鴻城(山口)、市立呉(広島)、創志学園(岡山)
【四国】 明徳義塾(高知)、帝京第五(愛媛)
【九州】 福大大濠(福岡)、東海大福岡(福岡)、秀岳館(熊本)、熊本工(熊本)

【21世紀枠】横手(秋田)、多治見(岐阜)、中村(高知)

前回まで、21世紀枠は本選とは別物(影響しない)原則を信じたためにハズした部分もあったし、それも加味した上で、実力重視で選考してみた。

それでは解説(…言い訳)

まずは、北海道1校と東北2校は、それぞれ優勝校、準優勝でまず間違いない。
21世紀枠は岩手の不来方(岩手)も10名で岩手大会準優勝(東北大会初戦敗退)で候補のひとつだが、本選で盛岡大付が選ばれることを考慮し、秋田大会優勝、東北大会ベスト8の横手とした。
これも、横手は夏の大会に自力で出れる可能性が逆に阻みそうだが、実力重視の方針を反映した。

関東4校は、ベスト4の4校、東京優勝の早稲田実は、まず確定。
残り1枠が、関東に行くか、東京に行くか?? これが毎年キーポイントになる。
関東が北関東に寄っていること、神奈川からの代表がないことで、慶応(神奈川)が有力と見る方が、有力だが、おそらく東の横綱となる早稲田実を東京大会で土俵際まで追い詰めた日大三でいってみた!
主砲の金成選手もみたいし。。夏は早稲田実も日大三も同じ西東京だし。。。。
21世紀枠は石橋(栃木)が県準優勝、作新学院と関東大会では東海大市原望洋に善戦したが、本選で栃木の作新学院をはじめ、北関東に集中していることから避けてみた。

北信越、東海は、優勝校と準優勝校で問題ない。
そして21世紀枠は岐阜大会優勝、東海大会では、初戦、至学館(愛知)に1-2と接戦の末敗れた実力から、多治見(岐阜)を挙げてみた。
北信越大会では、小諸商(長野)が、福井工大福井に8-10で敗れた日本航空石川に2-4と善戦しているが、長野3位と、実績的にはやや決め手を欠く。
履正社・安田選手近畿は、履正社がセンバツの前哨戦明治神宮大会で優勝したため、1枠増え、7校が選ばれる。
ベスト4と準々決勝で善戦した報徳学園(兵庫)、智弁学園(奈良)で6校はすんなり。
高田商(奈良)はそこでコールド負けしてしまったが、もう1校のベスト8上宮太子は、新チーム結以来、唯一、履正社(大阪)に土をつけ、大阪大会優勝したので、残念ではあるが、、
原則、同一都道府県から、3校はまずないため、こうなるか??

四国・中国は、優勝校、準優勝校は確定。
やはりあと1枠が、どちらに行くか??
今回、21世紀枠で、四国王者の明徳を破り、高知大会優勝した、中村(高知)が有力。
そうなると、中国地区に1枠を回し、中国大会準決勝で宇部鴻城に2-3と善戦した創志学園(岡山)で据わりがよくなるとみる。

九州は、ベスト4で決定。福岡と熊本で2校ずつというのが気になり、鹿児島のれいめいも有力と思われるが、、無難にベスト4になると思われる。
21世紀枠で、高千穂(宮崎)、長崎東(長崎)も候補だが、県準優勝、九州大会初戦敗退と、、やや決め手に欠ける。。。

ということで、ズバリ予想の32校で!!!(宮本)

画像当面、休みはない。。と思っていたら、、金曜日に土曜日分の仕事が片付き、土曜日は休日に。
まぁ今日は昼から出勤だったが、、不思議と覚悟していた分肩透かしを喰った感じで何となく物足りない。

そんなこととは、まったく関係なく、、我が家では、電話、ネット、そしてテレビと、JCOMにしている。
JCOMにしたのは、サンテレビは阪神戦を試合終了までやってくれるのだが、中日戦がアウェーの時は当時見れなかったために、、それらが観れるJCOMの殺し文句についつい契約してしまったのであった。。

それから、もう何年経ったのか、、
なんか知らんが、、電話も“なんか”をつけないといけなくなり、、ネットは“なんか”しらんが、早くなるらしく、、テレビは、チャンネルを変えたりする“なんか”を変えてくれるらしい。。。
そして、それはハードディスクレコーダー(録画するヤツね)とも連動するらしい。。
…で、“なんか”しらんが、タブレットが送られて来て(写真)。。
タブレットでもネットができて、テレビも観れたりするらしいのだ。。
なるほど、タブレットなら、場所を選ばず(選ぶほど家は広くないが…)寝床でも、、ネットみたり、テレビ観たりできるわけだ。。
(…寝床で、1分も起きていない私に必要かと言われると、、何だが…)

で、それらは全部、無料らしいのだ。。 何でや??
ようわからん。。 ようわからんが、騙されてないなら、我が家に何の損もない。。

携帯持つ時も、、家や会社にいない時まで電話に追っかけられたくないと思った。
スマホも電車の中とかで、別にネット観たり、、「いらんやろ」と思ったが、、、使ってみると、便利である。無いと困る時もある気がする。。。

「便利になったなぁ」と思える日も遠からず、来そうな気もする。

しかし、昔は、もっとたっぷり時間があった気がする。
若い頃から、休日がそんなに多かったこともないが、1日の時間が圧倒的に減っている気がする。
年を取ると、時間が経つのが早いというが、まったく同意である。
それに、、この便利さ、、あるいは情報の多さとも、無縁ではない気がする。

最近、自分の情弱さは痛感するところだが、、
「これが、こうなる!」と言われても、、もはや何のことかよくわからないのである。文章を長々と読んで、理解しようという、根気もない。

頑張ってついていかないと、暮らしが不便になっていきそうだが…。
何だか、老後が怖いなぁ。。。と思う今日この頃である。。(宮本)

土曜日は、少し風邪の引き初めか、独特な匂いが鼻につくが…、
娘を病院に連れていったついでに、インフルエンザの予防接種を受けた。
仕事で、少々トラブルがあった。。だからというわけでもなく予定通り夕方から出勤。
今日も昼から出勤、当面、休みはなさそうなので、ちょっとした空き時間で書き込みを…。

またまた、メジャー過ぎる人ではあり…、、今さらという感もあるが...。
決してファンではないが、ある特別な感情がある。
そして、何となく行き詰った時とか、無常を感じた時にはこの人を思い出す。

私は、15歳くらいから曲を創って、17歳の時には、CBSソニーのオーディションを受けていた。
当時は、厳しい批評だったが、手書きで便箋いっぱいにビッシリ書かれたアドバイスが不採用通知として届いた。不採用だったが、嬉しかった。

その同じオーディションをきっかけにデビューして来た1歳年下のアーティストが尾崎豊。もっとも私がその存在を知ったのは、「卒業」くらいの時だったが、、
年下の、しかも同じオーディションをきっかけに…という部分が、なんか素直に受け入れられなかった。。
今思えば、、一種の思い上がりだが、その時は、ちょっとした嫉妬もあったのだろう。ちょっとショックでもあった。

なので、私が、その曲を改めて聞きだし受け入れるのには少々時間を要した。もう1990年に入ったくらいだったと思う。
デビューする際には、プロデューサーみたいな人が言うには、「ノートいっぱいに詩が書き込まれていた」という、、
たぶん表現したいものがいっぱいあったのだろう。。。
私にはそういうものがないし、、
それを聞いた時、才能というか歴然とした差を痛感した(…それまで比べていたのが無謀だが…)

その時期に好きだった曲がこれ 「米軍キャンプ」


十代にして、既に3枚のアルバムを世に出している。。
この頃にそれらをよく聞くようになった。5年以上遅れてる感だ。
だが、もうその頃から、彼はそう長く生きなかった。

20代になってからの作品は、その頃の作品ほどの輝きはなかったように思う。
十代にしてビジネスの世界に入り、我々では想像もできない葛藤やいろんなジレンマがあって、才能と若くしてカリスマ性を持ってしまったこと、歌詞のテーマとかが、創作の上でも大きな重圧になったのかもしれない。

「Forget-me-not」という曲はMs.OOJAとかいろんなアーティスがカバーしていて、その曲の美しさは、その方がよくわかるのだが、、あの絞り出すような“声”の切なさとか、苦しくなるような緊迫感とか、そういうのも魅力なんだろうなぁ。。

彼が、若くして死なずに、20代、30代の大人として、、壁を突き破った作品を聞いてみたかった気がして、そこを越えられなかったのは、残念でならない。



こういう日は、やはりこの曲でしょう。。。しかし、この人はライブでは曲がスローテンポになり、どんどん長くなる傾向にあるなぁ。。

では、才能なき“おっさん”は、52歳にして、、休日出勤してきますわ。。。(宮本)

キレのある生活

2016年11月06日
キレ私は傘を持ち歩くのが好きではない。
…なので、折り畳み傘をいつも鞄に入れているが、鞄の中で圧迫されるのか、ろくに使わないうちに壊れてしまう。
で、新たに買った傘は、「キレがある傘」。。

ところで、“キレ”ってなんやねん??

野球ではよく球がキレがあるとかいうけど、ずっともうひとつわからなかった。
野球チームを作っていた頃、練習の時にエースが投げる球が、その日調子が良かったのか、
いつもより、打ちにくい感があった。捉えたと思った打球は、ファールチップで前へ飛ばなかった。
感覚的に「“キレ”があるとは、こういうことかな?」と思えたのは、それが最初で最後だ。。

ここのところ、休日はセンバツの選考基準になる高校野球秋季大会をネットチェックしている。
近畿大会も強豪校が激突とあり、テレビ観戦したいところだが、TV放映はなく、
仕方なく、ジェイコムでやっていた東京大会決勝「早実vs日大三」を観戦。
しゃあなしだったが、、素晴らしい試合で、収穫も多かった。

注目の清宮くんは何と珍しく5打席5三振。日大三の主砲金成(かなり)選手の活躍で2点をリードされた早実だったが、9回裏に同点に追いつくと、早実の1年生で4番の野村選手のサヨナラ本塁打で優勝センバツ出場を確実にした。しかし、清宮選手が5三振で、8得点の早実恐るべしである。
まぁ清宮選手も5三振の不振が話題になるほど(それでも東京大会8試合で4本塁打なのだが…)大物ということだ。
父子共に阪神ファンらしいが…、来年にプロ志望するのか?
画像野村選手も注目のスラッガーだが…、もう1年先だな。。
敗れた日大三がセンバツに出場できる可能性は、微妙になったが、金成選手(左写真)も注目したいところだ。
しかし、日大三の左腕・櫻井投手のスライダーも“キレ”があったということだろう。。。

今日は、中国大会でも決勝が行われ、各地区の代表が決まり、いよいよ明治神宮大会が行われる。
そろそろ、センバツ出場校予想の準備に入らねばならない。

ところで、私は、仕事の繁忙やらで、不健康に6kg程度痩せていたが、
それでも色んな数値が不思議と改善。脂肪肝が正常値に??
私は下戸なので、あまり酒は飲まない。何なら明日から禁酒法が制定されても、それほど動揺しない。
家内の付き合いで、休日に少し飲む程度だが、、その家内が娘と共に入院し、体調を崩したため、飲酒を控えているため、私もアルコールを控えている。
下戸なりに、少しの飲酒が肝臓に悪影響を与えてたのか。。。なんか割りに合わない。。

痩せると、身体の“キレ”も良い。ゴロゴロとしているところから、動き出すのがやや軽やか。。
健康かというと、そうでもない気がするが…、、身体の“キレ”は良い。
極度の睡眠不足になると、頭の“キレ”はほとんどそのパフォーマンスがなくなる。“キレ”はないが、“キレ”やすくなるような気はする。。

咳が少しマシになり、喉の調子も一時期のどん底からやや改善。
久しぶりにコンペに参加しようとしたが、新たにイチから創り出すパワーはまだなく、、、
もう27年くらい前に創った曲をアレンジしなおして、制作。
TRICKHOUSEの個人練習も再開した。 まだまだだが、、、少しマシなったか。。

だが、しかし、、目の前の、繁忙期前の束の間の安らぎであるこの土日休みも終わろうとしている。
いろいろあるけど、、、“キレ”ずに、、耐え忍びますか。。。(宮本)