本日 316 人 - 昨日 383 人 - 累計 314371 人
  • 記事検索

RSS

何だ、いい奴じゃないか

ブラゼル.jpg 先々週、統一球のくだりで、ブラゼルの事に触れたが、ロッテに入団が決まり、日本球界に復帰となったようだ。頑張って欲しい。
そして、阪神は1度は解雇した現オリックスのバルディリスの調査を行なっているようだが、オリックスはT-岡田放出によるトレード話を仕掛けているという噂もあり、混沌としている。

それはそうと、先週、何気につづきがあるように書いてしまったので、今日のタイトル。
「何だ、いい奴じゃないか」

漫画やドラマでは1人はいるこのキャラ。主人公とは反目しているかと思うと、「実は、、」というパターン。。

しかし、実生活では、“いい奴”は最初からだいたい“いい奴”で、嫌な奴が、実は“いい奴”だったという例はあまりない。

 前職で、同時期に店長をしていた人がいた。ほぼ同世代だ。
どちらかというと情と自己犠牲で頑張る私と違って、合理主義のキレ者といった印象を持っていたが、やがてほぼ同時期に私は本社の企画部に移動し、彼はブロック長になった。

前述のタイプの違いが災いしたのか、私の事はどちらかというと嫌いなようだった。
店長時代から本社勤務に至るまで、会議の時や業務的な連絡の時なども、トゲトゲしい物言いをされている気がしていた。そうなると、私もあまりいいイメージは持てない。

そんなある日、親会社の会長が前職会社の新社長になっていたが、あるアイデアを私に会議で企画部案として提案して実施するよう指示して来た。
しかしそれは、目の前の売り上げは上がるかも知れないが、運営上大きな問題がある手法だった。
「必ず、致命傷になる。」と説明したが、聞き入れてもらえない。
あとから、その話をそばで聞いていた前述の彼とはじめて意見が合い、共同で阻止する事にした。

後日、会議でその企画を作成し発表したが、問題点もわざとらしく説明を行なった。
社長が、すぐにその問題点を打ち消しに口を挟んで来た。想定内だ。
ほとんどの出席者は、視線を落としている。
その時、彼があまりにも筋書き通りのセリフ「お言葉を返すようですが…」から、反論した。
結局、その案はお蔵入りした。
私は思った。「何だ、いい奴じゃないか。。」

…が、彼も私もその後、何かと叩かれる立場になった。。

1年後、偶然ではあったが、同じ日付で会社を退職した。

そのまた半年以上経った時、新しい職場での立地調査のために、深夜2時頃ミナミを歩いていると、その彼とバッタリと出会った。
彼も仕事中のようだったので、立ち話程度だったが、プライベート面でもいろいろ大変だったようだ。
別れ際、“現役時代”にはなかったやわらかい口調で、「頑張りましょうね!」と言ってくれた。 
 
その後会う事もなく、12年半の時が流れて今に至る。 (宮本)

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):