本日 96 人 - 昨日 215 人 - 累計 475612 人
  • 記事検索

RSS

第104回全国高校野球 ズバリ勝敗予想&優勝校予想

高校野球勝敗予測抽選があってから、予想する暇もなく、明日から大会開始。

慌てて予想してみました。


現在、トーナメントが決まっているのは、3回戦まで、要するにベスト8が決まるまでだ。


毎年ではあるが、初戦からなかなか楽しみなカードがある。


まずは、2日目の 愛工大名電vs星稜

なんでもよく練習試合をするようで、1勝1敗らしい。

戦力的にも互角とみるが、センバツの経験がある点で星稜の勝利を予想しました。


そして、近江vs鳴門。センバツの決勝で大阪桐蔭に大敗したとはいえ、

準優勝の投打の要、山田投手を擁する近江、大阪桐蔭を初戦で3点に抑えた冨田投手の鳴門。

う~ん、当たって欲しくなかった。近畿勢以外では、一番応援したい鳴門高校。

総合力は、近江かな。。。


3日目。天理vs山梨学院

天理としては、少々やっかいな相手に当たってしまったが、天理と予想。

私としては、真の死の組は、ここではないかと思うが、このブロックを近江が抜けると思う。

山田投手がどこまで万全かが重要だが…。


巷では、死の組と言われているが、名のある強豪が集まったブロック。

確かにどこが抜けてもおかしくない。選手層、総合力で横浜とした。


4日目は、わが兵庫の社vs県岐阜商と対戦。

これも好試合になると思うが、甲子園経験で分のある県岐阜商とした。

ただ、県岐阜商、コロナの集団感染が出たとのことで、無事試合ができるか心配です。


で、ズバリベスト8は!!

明秀日立、九州国際大付、下関国際、智弁和歌山、京都国際、近江、横浜、大阪桐蔭です。


そのあとは、抽選次第ですが、今年もベスト4は近畿勢で占めると予想します。

そして優勝は、、面白みはないですが、やはり大阪桐蔭。。


長打も打てるが、徹底したチーム打撃もできる打線。

センバツ時は、やや不安定と思えた投手陣は、他校ならエース級の投手が

もう相手に寄らずローテーション、、超激戦区の大阪大会をわずか1失点、しかもその試合1安打しか打たれていない。


それでも、好投手が頑張れば、そうそう大量得点はできないだろうから、投手陣のちょっとしたほころびで敗退することもありえる。


唯一、その大阪桐蔭に土をつけたのは、智弁和歌山

春の近畿大会決勝で、吉川、西野、橘本、武元という4投手継投で3-2で勝利している。伝統の強力打線に加え、エースの塩路、プロ注目の武元など投手層があつく、総力戦になればわからない。


近江は、やはり山田投手が万全な状態であれば、活路を見いだせるかもしれない。



京都国際は、森下投手の投打の活躍、平野、森田など、継投で逃げ切れれば…。


他の学校も、継投で序盤をしのぎ、後半をエースで逃げ切る作戦で打倒大阪桐蔭に挑むのではないだろうか?


明日から楽しみで仕方ないが、、コロナ感染で出場できない選手、学校が出るのは何とか起きないで欲しい。 (宮本)



コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):