本日 65 人 - 昨日 163 人 - 累計 396184 人
  • 記事検索

RSS

名前と容疑

宮本から君へ最近、あまり時事ネタとか書かないのですが…、少々、聞き捨てならないことが起こった。

大阪は天満で起こった殺人事件で逮捕されたのが「ミヤモトヒロシ容疑者」ということで…

TVでそれを聞くたびに、ちょっと嫌な気分になる。

現時点でこの人が真犯人と確定したわけではないが、この容疑者は、宮本浩志で、

私は宮本浩、、私の方に“志”が無いというのも、なんか微妙に腹立たしい。

しかも、私は57歳で、この人は56歳、、誕生月によっては同級生だ。

そして、この犯罪が、卑劣で凶悪なので、なおさらだ。


最近の私を知ってる人なら、「微妙に名前が違うよね」とか、「顔が違う」とか、

「同じ名前の人が…」程度で済むが、古い知り合いで、名前もうろ覚えだったりしたら、

「あいつじゃないのか?」とか、そいつが他の人に話したりしているうちに、「あいつ、あの事件の犯人らしいで」とかならないか心配だ。。そもそも、私がそんなうろ覚えの人の記憶に残ってる人物かは、甚だ疑問だが…。


姓の宮本もよくあるし、今では絶滅危惧種かもしれないが“ヒロシ”も当時は多い。

恐れ多くも、現天皇の浩宮徳仁の“浩”をいただいている。

その字も、やはり当時は流行していたから、同姓同名は結構、多いはずだ。

私も、直接あったことはないが、同じ宮本姓の同級生から「弟と同姓同名」とか病院で「同姓同名の人がいるので」とか言われたこともある。


冒頭の画像の漫画「宮本から君へ」は、1991年から掲載された漫画で、最近、ドラマ化、映画化もされている。

なんでも主人公が、その暑苦しさから、男性誌で嫌いな男性アンケートの1位を獲得し、作品自体も「日本で最も嫌われたマンガ」というのが、キャッチフレーズにもなっている。で、その主人公が、“宮本浩”でドンピシャの同姓同名。

その主題歌が、エレファントカシマシ、つまり歌うは、宮本浩次(ミヤモトヒロジ)。

これで、ますます、ネットで宮本浩と検索しても、私はなかなか出て来ない。

まぁ良くも悪くも、検索されるようなことはしていないが…。


そんなこんなで、今日は、私の母を、コロナのワクチン接種へ車で送迎してきました。

まだ1回目、注射は痛かったようですが、今のところ、無事なようです。


早く、収束に向かい、我々トリックハウスも、活動を少しずつ、再開したいところ、、

とりあえずは、個人練習、、「なんちゃってファーストテイク」の第2弾、今のところ「最新曲」の

Restless Nightsを歌ってみました。




ところで、名前をつける時、芸能人とか、有名な人の名前にあやかり、名前をつけてしまうと、

そのオリジナルの人がやらかすと、少し悲しくなるので、要注意だ。

私の娘? 伊織といいますが、知ってる人しか知らないと思うが、宮本武蔵の養子の名前。

子どもの名前を考える時、男性、女性それぞれを私が複数考え、妻がその中から決定するという方法をとった。

そして、なぜか男の子用の候補だった、この名に決定されてしまったのだ。。

まぁ今では、我が家の決裁権のすべては、妻にある。。。(宮本)


コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):