本日 153 人 - 昨日 172 人 - 累計 395353 人
  • 記事検索

RSS

昔の曲とシャーロット

シャーロット_猿 今日は休日だったが、家内が日帰りで実家へお出かけなので、娘を見守りながら、コンペ用に昔の曲を引っ張り出して、朝から打ち込み作業。
曲も歌詞もできているし、ある程度アレンジもやっている。ただ、作ったのはもう20年以上前。
DOS-V時代の初期に打ち込みで作成した曲なので、作り直しだ。
この頃、今より少しは凝ってたのかなぁ。。ほぼ焼き直しなのに、ほぼ1日費やしてしまった。

コンペ用に新たにハイペースで曲を創る体力も時間もないので、時々、昔の曲やエッセンスを引っ張り出すことになる。
もちろんバンド等で選んでもらって演った曲は既に自分だけのモノではないので、基本使うつもりはないが、お蔵入りしているストックは結構ある。。しかし、どれも“年代モノ”になってるからなぁ。

ここ数日、しゃべり声もやたらと低い声になっている気がしたが、ボーカル録りしたら、当時のキーでは声が出ない。結局オケを1音下げて歌った。結構、へこんだ。。
ちょっと疲れたので、少しこの“業務”はお休みにしておこう。。

そうこうしていると、たけうち氏から、MOMの曲の第4弾の「背の高いビルの隙間で」のリニューアル版が届き、早速、私のソロ作品コーナーでも紹介させてもらっています。
また、4曲のミニアルバムとしても、以下からダウンロードできますので、よろしくお願いします。
MOM4曲入りミニアルバム

誕生した英国の王女に「シャーロット」という名がつけられた。良い名だな。
「マッサン」の女優さんもそうだな。。 で、高崎山自然動物園で生まれたばかりの猿にその名がつけられたというニュースが流れた。
微笑ましいと思ったが、「・・・怒られるで。」と言って笑ってたら、案の定、抗議が殺到したようだ。
「英国に失礼だ。」という抗議なのだが…、この名付けの取り消しを検討中のようだ。
う~ん、今度は「猿を軽んじるのか!」という声が上がらなければいいが…。
ちなみに私は、恐れ多くも皇太子様からお名前を頂いてますし、従姉は美智子だし。。世が世なら、アレだな。。

ところで、「昔の曲」といえば、その英国のアイアンメイデンの1stアルバムに収録されている「娼婦シャーロット」は、無事なのだろうか…。ボーカルがポール・ディアノ時代の古い曲だが…。もう演らないか…。 (宮本)

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):